幸せには「意識を高めること」が関係してくる?

今ある幸せに気づかず、自分の持っていないものばかりを見て「不幸だ」と
嘆く人がいます。
→幸せになるには「感謝の気持ち」が鍵となる

 

 

幸せになりたい、という意識があるならまず「幸せを見つける」あるいは、
「幸せになる努力をする」ことが大切だと、私はここ数年で身を持って
実感しました。

 

幸せも、成功も待っていても向こうからやって来るものではないからこそ、
時には自分でつかみに行く意識も必要になってきます。

 

 

・小さな成功体験が「学ぶ姿勢」を強くする?

・成長する人に欠かせないのは「学びたい」という気持ち
・学べば学ぶほど知識欲に拍車が掛かる

小さな成功体験が「学ぶ姿勢」を強くする?

どんな物事からでも、それを行っているあなたや私が「学ぶ姿勢、意識」さえ
あれば、成長のきっかけにできます。

 

例えば、毎日の家事や日課になっていること。
本を読むこと、ネットで何か学ぶこと、細々とでも語学の勉強をすること。
アフィリエイトにしても、当然意欲を持って取り組む姿勢さえあれば、
自然と「成長する自分」を実感することにもなります。

 

 

…と、いうのもやはり同じ物事を続けるのには精神力が必要になってきます。
たった一日、二日続けて後はやめてしまえば、残念ながらその物事から
「学べること」は、極めて少なくなってしまうでしょう。

 

 

私は、少し多趣味な傾向を持っています。
ここ数年で、色々なことに取り組みどれも細々ながら続けていくことで、
次第に見えてきたことがありました。

 

それは、「どんな物事でも、続けてさえいれば必ず上達し成長するし、成長
そのものに限りはない」ということでした。
つまり、「どこまでも成長したい」と思えば「どこまででも成長できる」。

 

 

 

横断歩道

 

 

 

反対に、「このくらいでいいや」と見切りをつけてしまえば、そこから
伸びることは無くなってしまう。
なぜなら、自分で「その地点」で満足してしまっているので、そこから意欲を
持って「学ぶ」意識が無くなり、物事と真剣に向き合わないからですね。

 

読書を続けていれば、やがて理解力が上がり、読むスピードは早くなる。
物語なら、想像力を高め柔軟性に磨きを掛け、文章の構成力と創造性を高める
ことにも繋がる。
→読書で想像力を高めブログでの表現を豊かにする

 

 

語学の学習にしても、同じように「文章から内容を読み解く力」を鍛える訓練に
なり、更に純粋に母国語以外の単語の知識がつき、物知りにもなれる。

 

アフィリエイトも、読者のことを想って文章をつづる習慣を身につければ、
自然と「思いやりある、優しい人」になれるし、人に共感することができるので
勝手に「成功する未来」が手に入る。

 

 

どんな物事でも、「長く続けていれば」必ずいつしか、あなたや私が
知らない間に成果になって、着実に現れてくれます。
できない自分からできる自分になれる実感と、忍耐強く一つの物事を続けられる
強靭な精神力が身につくのを感じれば、必ずそれは自信にもなります。

 

例え、本一冊でも「最後まで読み切った」と思えばそこには充実感、達成感が
必ず残ります。
つまり、最後までやり遂げたからこそ、そこで初めて味わえる心満たされる
気持ちがある、ということですね。

成長する人に欠かせないのは「学びたい」という気持ち

そして、どんな物事もやはり「最後までやり遂げる」ことで達成感、充実感が
残るとすれば、それは「物事を継続する」上での糧や意欲にもなります。

 

確かに、何かを始める時に「結果ばかり」気にしていれば、やがてなかなか
理想に追いつかない現実にあくせくし、気ばかり急いてしまいます。
結果よりも過程を重要視するからこそ、結果を気にせず続けられるのですよね。
→自由に生きたいあなたへ。働かないで稼ぐために
→今後の人生をもっと楽しむために知りたい「人生を楽しむコツ」

 

 

しかし、まだ結果が出ていないうちからでも「結果が出た時のこと」「最後まで
やり遂げられた時のこと」を夢想、つまりイメトレすることはできます。

 

勉強の意欲やモチベーションが続かない。
やる気減退していて、どうにも集中力が切れてしまう。楽しくない。
こんな時は、「楽しくない、続かない」ということに囚われて余計にやる気を
無くすよりも、有効な策。

 

 

それが、一足先に「手に入れられた未来」を思う存分イメトレし、やる気を
意図的に高める…ということです。
つまり、お分かりでしょうか?

 

まだやり遂げられていないからこそ、後々「やり遂げられた、達成感に浸る自分」
をイメトレし、その光景を映画のワンシーンのように具体的に思い浮かべる。
継続したこと、やり遂げたことで「成長できた自分」「能力を身につけられた
自分」をイメトレし、「今より一歩先を行く自分」に高揚感を覚える。

 

 

そうすることで、「結果」そのものよりも「成長する自分」が楽しみになるので、
例え少しダレていたとしても、また意欲的に物事に取り組むことができます。

 

つまり、意図して「成長した自分」を夢想することで「学びたい」という
気持ちに拍車を掛け、成功までの原動力に変えていくのですね。

学べば学ぶほど知識欲に拍車が掛かる

やはり、どんな物事でも一つ一つ、続ける上での原動力になるものがあります。

 

例えば、アフィリエイトなら最終目的として言えば「働かずに自由に暮らせる
未来」がそれに当たりますが、もっと細かく分けた場合。
例えば、今書いている記事を「1時間後に完成させて、一息つく自分」。

 

 

物語なら、今読んでいる本を「数時間後に読み終えて、読後感に浸る自分」。
絵や小説なら、その作品を「仕上げて、何度も見返し読み返している自分」。

 

 

私たちは、少なからずこの未来の「やり遂げた時に、必ず手に入る達成感」を
求めて、今懸命に「やるべきこと」に取り組んでいる傾向がありますよね。
家事などは、「その日やらなければいけないこと」でもありますが、一方で
「自分で、作品を作ること」は後に控える達成感を思うと、それだけで気分が
知らずのうちに高揚してくるというものです。

 

自分の作った、完成させた作品が愛しくて仕方がない。愛着がついてしまった。
何度も見返しては、充実感に浸る。
あなたにも、このような経験があるのではないでしょうか?

 

 

自分で、苦労して作り上げた作品だからこそ、完成させた時の喜びもひとしお。
そして、やはり「時間を掛け、頭をひねって苦労した作品」であればあるほどに、
私たち自身の成長にも繋がります。
なぜなら、頭をひねり苦労することでたくさんの経験値を積み、レベルアップ
することができるからですね。

 

勉強の意欲が無ければ、授業内容は右から左へと突き抜けてしまうように、
やはり「意欲を持って、挑戦的に取り組む」からこそ、私たちは
どんどん能力を鍛えられ、伸びていけるのだと思います。

 

 

 

ねこ

 

 

 

一生懸命に、心を込めて苦労して作った作品だからこそ、その想いを必ず
肌で感じられますし、手抜きすればそれもどこかでわかってしまいますよね。
例えつたない出来だったとしても、込めた想いは必ず見た人に伝わるものです。

 

 

そして、そんな「一生懸命に作り上げた作品」だからこそ、ブログなら読み手の
心を揺さぶることができるし、充実感や達成感を味わえると幸せにもなります。
「成長している自分」を実感すれば、当然「前に向かって進めている自分」を
味わえるので、新たに手に入れられたものに幸せにもなれますよね。

 

つまり、どんな物事でも「真剣に取り組めば取り組むほど」後に充実感や達成感を
味わえ、更に「伸びていける自分」により、大きな幸せを感じることができる…
と言い換えることができます。

 

 

適当にやっていれば、充実感など残りません。大した苦労もなく、能力を
最大限に発揮せず作った作品には、愛着もわきませんよね?
「渾身の力」を出さなくても作れる作品に、やりがいなど残らないためですね。

 

しかし、あなたが「心を込めて、真剣に向き合った」作品には必ずその
「苦労の痕」が残り、その時の努力の思い出が頭の中で再生もされます。
「ああ、あの時必死で頑張ったよね」「あの時は大変だったけど、楽しかった」
と、後になって思い返せば「いい思い出」にもなりますね。

 

 

苦労して作り上げた、あなたの渾身の作品が多ければ多いほどに、その
「いい思い出」が頭の中にも増えます。自分自身が「努力して、作品を
作り上げる」という芯の強さをも、ご自分で証明することになります。

 

渾身の作品を作る意欲を持って、真剣に学べば学ぶほどに、あなた自身の
能力にもますます磨きが掛かる、どんどん伸びていける。
そして、そんな風に成長する自分を「どこまで伸びていけるかな?」と
楽しむことができれば、更に今すぐにでも幸せは増幅されます。

 

 

物事に最大限の力を発揮し、一点集中することで「楽しんでできる」。
楽しみは、幸せに直結します。楽しい時に「不幸」を感じる人はいませんよね。

 

つまり、何にしても「真剣に取り組む」ことで意図的に、「自分で自分を幸せに
している」、と言い換えることもできます。
自分を幸せにし、更に能力が高まり楽しんで取り組める…など、これほどまで
充実感を味わえるなら、自分の力を試すつもりでどんどん挑戦していきたい。

 

あなたは、そのようには思いませんか?

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。