幸せになるには「まず○○に気づく」

幸せになりたい、とは誰しもが思うものの、
では「どうすれば幸せになれるのか?」がわからないことってありますよね。

 

頭を悩ませずに淡々と物事を進めていければ、楽に継続できるのに。
アフィリエイトにしても、「いつ成果が出るんだろう…」と思いわずらうことが
なければ、心が折れずに続けることができるのに。

 

私たちの中に不安定な「心」があるからこそ、誰しも時には気分が沈み、時に
テンションが上がったりと変化が起こりがち。

 

 

しかし、あなたは知っているでしょうか?
私たちが持つ「心」は、意識一つ変えることである程度感情や感じ方を
コントロールできます。

 

何を行うにしても、他ならない自分の「心」に負担を掛けず、なるべく気分よく
進められる人間になるために。
今のうちに、より幸せでいられる心のあり方をマスターしてしまいましょう。

 

 

・幸せになるためには意識を変えることが重要

・幸せは「なる」ものではなく意外と身近に「あるもの」
・より心穏やかになるために生活の質を上げる

幸せになるためには意識を変えることが重要

まず、一番始めにあなたにお伝えしておきたいことがあります。
それは、「幸せは『なる』ものではなく『気づく』もの」だということです。

 

 

この一文を読んで、あなたはどう思われたでしょうか?
「そんなわけない」と思われたかもしれないし、「言ってる意味がわからない」
と思われたかもしれませんね。

 

私も、実はずっと不幸だった頃は「幸せになりたい」と思っていました。
幸せになれれば、今の生活がガラリと変わる。
幸せになれたなら、この先ずっと嫌なことは起こらずに笑って暮らしていける。
幸せになるためには、○○が必要。○○さえあれば、私は幸せになれる。

 

 

…というように、かつての私にしても「○○があれば、幸せになれる」のように
「幸せになるためには、何か『物』が必要」と思っている方が意外と多いです。

 

物、といっても固形物に限らず、事例や肩書き、地位や名声などの全てです。
例えば、「結婚すれば、幸せになれる」というもの。

 

 

結婚に限らず、「お金があれば」「立派な家があれば」のように、
「今の自分にはない何か」を求めて、それを手に入れれば幸せになれる…と
信じている方が、どういうわけかこの世界には多いですね。

 

確かに、「ないよりあったほうがいい」という気持ちもわかりますし、
お金にしても「あって困らないもの」だというのは事実です。
しかし、物や肩書きなどに依存してしまうと、例えそれを手に入れたとしても
それを「失った時」にまた、一気に不幸になってしまいます。

 

 

 

キッチンのもの

 

 

 

それに、「それを手に入れられれば、幸せ」という考え方はそもそも
「それを持っていない今は、不幸せ」と自分で結論づけているようなものですね。

 

「今はまだ持ってないんだから、幸せでないのは当たり前でしょ?」と
あなたは思われるでしょうか?

 

 

しかし、少し考えてみてください。
例え手に入れられたとしても、「一つの物」があれば幸せ…という考え方は
どうしても、その『物』に執着してしまうので、それを失った時のことを考えると
やはりどうしようもない恐怖に襲われます。

 

 

「もし、無くなったらどうしよう」「もし、離婚したらまた不幸になる」
「もし、お金がなくなればまた不幸になる…」

 

 

このように、「○○があれば幸せ」は裏を返せば「○○が無ければ、不幸」なので
それはイコール「失えばまた、不幸」とも言い換えられます。
そんな「物に依存した幸せ」が、果たして本当の幸せだと言えるでしょうか?

 

手に入れられれば幸せになれるのなら、一方でもし「一生手に入らなかった時」は
「一生、不幸」ということになります。
幸せも不幸も、ただの個人の「感じ方の問題」だというのに。

 

 

そう、同じ状況でも「不幸」と感じる人がいる一方「幸せ」と感じる人がいる、
その理由は「幸せは物や状況が決めるものではなく、自分が決めるもの」
だからです。

 

つまり、意識を変えることで「不幸」も「幸せ」に変わる可能性がある。
一体、どういうことでしょうか?

幸せは「なる」ものではなく意外と身近に「あるもの」

幸せは、「なる」ものではなく「気づく」もの、だと冒頭で言いました。

 

 

私たちは、一人一人個性や考え方が様々なように、物事の感じ方も人によって、
全然違いますよね。
例えば、一方が「最悪」としか思わない出来事でももう一方は「いい経験に
なった」と捉えることもあります。

 

決して、個人の力量や能力の違いなどではなく、個人個人の「考え方」の違い
だと、私はそのように思っています。
というのも、物事には多面性があります。一方向からしか見なければそれは
「悪いこと」だとしても、他の方向から見てみれば「いいこと」も
あるかもしれません。

 

 

例えば、ブログづくりを始めたけど最初はやり方がわからなかったせいで、
うまくいかなかった場合。

 

「うまくいかなかった、時間の無駄になった、最悪だ…」とも思える一方で、
「今回はうまくいかなかったけど、いい経験になった。次はやり方がわかってる
から、きっとスムーズに進められるだろう」とも思えますよね。

 

 

考え方だけでなく、「次の行動」としても同じことが言えます。
例えば、「うまくいかなかった、失敗した」ということに囚われて「あの時、
ああしていれば…」と過去の失敗を悔いて、何もせず過ごすこともできます。
一方で、失敗は気にせずに「前はここを間違えたから、今度はこうしよう」と
やり方を修正して、どんどんステップアップすることもできます。

 

 

 

雪だるま

 

 

 

同じ失敗でも、それを「活かせるか、活かせないか」でその後の人生が
みるみる変わっていきますよね。
同じように、少し意識を変えることで「悪い」と思っていたものも別の「いい」
と思える面が、見えてくるようになります。
→意識を変えることで自然と行動も変わってくる
→元気がない時は少し視点を変えると今すぐ幸せになれる

 

つまり、幸せ一つにしても「絶対、幸せになる!」と「○○を手に入れれば、
幸せになれる」と最初から決めつけてしまうと、「今ある幸せ」が一つも
見えなくなってしまいます。

 

 

どういうことか、お分かりでしょうか?
要は、「○○があれば、幸せ」というのはやはり裏を返せば「○○がない今は、
不幸」だと「最初から自分で決めてしまっている」ので、例え今の状況の中に
「幸せを感じられる要素」があったとしても、それに気づけません。

 

「○○があれば幸せ」というのは、ただの幻想です。
実際に、例えばお金があってもいつもあくせく不幸そうにしている人もいますし
物にあふれた生活を送っていても、ちっとも幸せそうに見えない人もいます。

 

 

今あるものに気づけず、無いものねだりばかりをしていれば、「今そのもの」の
状況、状態に心が満たされることがないので、結局何を手に入れても
満足できません。心が満たされることはありません。

 

それは、言い換えれば「今あるものの中から、幸せを見つけること」をそもそも
放棄していることになるので、つまり「幸せを見つける努力」を放棄している、
ということです。

 

 

そんな状態で、例え望みの物を手に入れたとしても、幸せが長く続くはずも
ありません。
なぜなら、「幸せを見つける努力」を放棄すれば「幸せに気づく力」が
磨かれていないので、些細なことも「幸せ」だと思わず、通り過ぎてしまう
からです。

 

本当は、そこいらに潜んでいるはずの「幸せ」に気づくこともなく、ただ幻想の
「幸せ」ばかりを追い求める。
これでは、せっかく手に入れたはずの「幸せになれる物」もすぐに飽き飽きして、
「これは、私を幸せにしてくれる物じゃなかった」と、また新たな物に
「ありもしない幸せ」を求め始めるのも、目に見えています。

 

 

幸せは、ひとたびあなたが意識して探してみればいくらでも見つかります。
例えば、今生きていられること。天気よく晴れ渡っていること。
人の価値観や考えに、気軽に触れられる情報社会に生きられていること。
朝起きられること、物が食べられること、物事を考えられること。

 

今あるものに「気づく」その意識一つで、同じ世界でも変わって見えることを
私も、ようやく気づけるようになりました。

より心穏やかになるために生活の質を上げる

そして、今ある幸せに気づいた上で「より、幸せに心穏やかに過ごすには、
どうすればいいか?」を考えて実行することで、あなたの幸せには更に
磨きが掛かります。

 

 

人間のあらゆる能力一つ取っても、「時間を掛けて磨き上げたからこそ」
スキルアップすることができますね。
例え貴重な才能や能力を持っていても、それを活かさないことには、もっと
言えば伸ばそうとしなければ磨きが掛かることもありません。

 

幸せに気づく力にしても、普段から「今ある幸せ」や感謝の気持ちを持つ習慣を
身につけていれば、自然と磨きが掛かって「より、幸せに気づきやすくなる」。
一方で、幸せを見つけられない人というのは普段から無いものねだりだったり、
不満ばかりを意識しているので「幸せに気づく力」が衰えてしまっています。

 

 

些細な幸せに気づき、喜ぶ人を見て一方で「そんなことで幸せを感じるなんて、
おめでたいな」と呆れる人もいるでしょう。
しかし、「無いものねだりや不満ばかりの人」と「今ある物の中から幸せを
見つけられる人」、果たしてどちらがこの先より幸せに、満たされた心で
過ごせるかなど、言うまでもないと思いませんか?

 

 

私たちが「幸せに気づく力」を磨く最大の目的は、「今後心穏やかに、より
楽しく笑って過ごす時間を増やすため」です。
だからこそ、まず「他人の目にどう映るか」ではなく、「自分なりの幸せの
見つけ方」を磨くほうが、よほど心乱されず穏やかに過ごせますね。

 

何より、心穏やかでいられる術を身につけられれば、心に余裕ができることも
増えるので、今後アフィリエイトにも存分に活かせることになります。

 

 

 

青い月

 

 

 

そして、心穏やかに、より幸せに過ごしていく上で「何が必要か?」を
考えるのも、あなたや私が成長していく上で、非常に重要となります。

 

というのも、やはり人間は停滞していれば成長している実感もないので、
やがて退屈になり、心の動きにメリハリもないせいで「つまらない、平凡な
日常」を過ごすことにもなります。

 

 

自分の人生が充実している時というのは、多く「自分の成長の実感を
味わえている時」です。
やはり、日々挑戦も目的もなく「ただ生きる」だけでは、どこへ向かって
進めばいいのかもわからず、そもそも目的がないために「○○をやり遂げる!」
という意欲が生まれないんですね。

 

意欲がないと、毎日がダレがちです。
現に、私も目的意識もやりたいことも探さずに毎日をただ過ごしていた頃は、
つまらないし退屈だしで、毎日「早く一日が終わればいいのに…」と
思っていました。

 

 

私たちがより成長し、より幸せを敏感に感じられるようになるため必要なもの。
それは当然、私たち自らを「成長させてくれる、知識や経験」ですね。

 

つまり、より成長してその実感を味わい、人生を充実させたいからこそ
「今、自分の成長に必要だと思った物には、ためらわずお金を使う」。

 

 

例えば、アフィリエイトでのスキルアップを目指すなら必要な「質の高い」
教材や書籍を、例え値が張ると悩んでも、確実に手に入れる。
自分が成長できる、そのチャンスをものにする。

 

やはり、価値あるものは無料とは違いますから、それ相応の出費が必要にも
なってきます。
しかし、やはり「価値あるからこそ」の出費だとすれば、例えばチャンスを
逃して後になって「手に入らなかった…」と後悔するよりも、
チャンスがあるうちに、迷わず手にする勇気も時には成長を早めてくれます。
→無料ブログでアフィリエイトを始めると失敗する理由
→貯金が趣味。そんなに貯めてどうするの?

 

 

私たちの今後の成長にも、そしてそれに伴う幸せにも必要なのは
「価値あるものに投資する」「今必要なものは、手に入れる」ということ。

 

より幸せに気づく力を高め、そして成功の道をたどるためにも、
必要な知識とマインド形成はしっかりしておきたいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。