アフィリエイトで成功するには信頼関係が大切な理由

こんにちは、りうるです。

 

アフィリエイトで成功するためには、まず読者との信頼関係が欠かせません。
今回は、その理由を詳しくお話ししていこうと思います。

 

 

確実に成功を勝ち取るためにも、信頼関係の重要性をしっかり理解し
日々一歩ずつ、着実に一緒に歩んでいきましょう。

 

 

・人の心を動かすキモは「共感してもらうこと」

・信頼関係を築けば、あなたの商品が売れる理由
・相手の立場に立って親身になれる人こそ、成功する

人の心を動かすキモは「共感してもらうこと」

まず、アフィリエイトで成功するためには「人の心を動かす文章スキル」である
コピーライティングが必要だと、以下の記事でもお話ししました。
→アフィリエイトを失敗しないために必要なスキル

 

 

その理由は、人の心を文章一つで動かすことができないと、人は財布や口座から
お金を取り出す気にはならないためですね。
人は、文章で感情を揺さぶられて初めてその人の書く文を「面白い」と感じ、
「最後まで読みたい」と感じるわけです。

 

 

ですから、まず最初の難関「文章を最後まで読みたいと思わせる」
そのスキルとして、コピーライティングが必要になります。

 

コピーライティングで人の心を動かす能力を身につけると、何が起こるか
あなたにはお分かりでしょうか?

 

 

記事を一つ書いただけで、放っておいてもお金を稼ぎ出してくれるので
「働かずに自由に暮らせる未来」が手に入ります。
人の感情に訴え、心を動かせる文章を書けると、読者はあなたの文章を
「もっと読みたい」と感じ、次第にあなたを信用するようになります。

 

そして、心を動かし信用するカギとなるのが、「共感」です。
詳しくお話ししていきますね。

 

 

 

カギ

 

 

 

共感とは、「あなたの文章に読者が納得し、なるほど! と思うこと」です。

 

例えば、いきなりよく知らない人から「好きな食べ物はカレーライスです!」
などと言われても「それで?」と思われておしまいです。
「血液型はA型です!趣味は…」などと言われても、あなたは恐らく
「そんなことは興味ないし、なんか退屈なブログだな。帰ろう」と思うでしょう。

 

 

なぜ、一般のブログで好きな食べ物の話をされてもつまらないのか?
その理由は、あなたももうご存じですよね。

 

そう、そこにあなたの「興味を惹く事柄が、何一つないから」ですね。

 

 

好きな芸能人や友達ならまだしも、知らない人の好きな物や血液型など
あなたにとってはどうでもいいことで、
興味のない、言ってしまえば価値のないことです。

 

そんなものを延々と聞かされても、そもそも興味がわかないし、
「なるほど」とも思うわけがありませんよね。
→アフィリエイトのブログ記事の基本的な書き方

 

 

趣味や日記のブログが書きやすいのはわかります。
日常あったことをつづればいいだけなので、考える必要もあまりないですよね。
ですが、それは「読者の興味を惹く事柄」ではないので、
日記を延々と繰り返していても成約が取れることはまずありません。

 

では、あなたはブログ記事では一体どのようなことを書けばいいのでしょうか?

 

 

それは、あなたのブログに「読者が求めて、やってきそうなこと」
例えば、このブログなら「アフィリエイト初心者が失敗しない、
稼げる仕組みづくり」や「反応の取れる記事の書き方」など。

 

あるいは、「引きこもりのつらい生活から、立ち直って前向きに進もうと思った
きっかけや経緯」などを書いても、読者を惹きつける記事になります。

 

 

なぜなら、読者は「自分と同じ体験や経験をした人に、親近感を持つ」からです。
「同じ境遇だからこそ、つらい状況を乗り越えた方法を教えてほしい」と感じ、
その方法をまるで体験するような文章を読むことで、書き手に共感を覚える。

 

そして、実際に乗り越えた方法を知ることで書き手を信用し、ブログ記事を
「もっと読みたい」と思いファンになってくださるかもしれない。

 

 

心を動かすということは、共感を得るということ。
まず、読者の「共感を引き出す」のを意識して、「役に立つ情報」を発信する
ことを目標に記事を書いていけば、反応は徐々に取れるようになります。

信頼関係を築けば、あなたの商品が売れる理由

人は、自分と同じ境遇や体験があれば「親近感」を覚えると言いましたね。
更に、例えば同じ年代や性別、価値観や思想や想いなどだとわかっても
人はその人に親近感を抱きます。

 

そして、人は「自分の想いを偽らず、正直に堂々と発信する人」に
好感を持つ傾向があります。

 

 

なぜだか、お分かりでしょうか?
人は元来「ウソをつく人」を信用しませんし、「自分の想いを正直に語らない人」
に対しては「何を考えているかわからないな…」と距離を置きたがります。

 

ウソをつく人が信用されないのは、言うまでもないですがまず最大の理由として
「自ら距離を置き、歩み寄ろうという気持ちが見えないから」ですね。

 

同じように、自分の想いをはっきり言わない人に対しても内面が見えず、
考えや想いを読み取ることができないので不信感を抱いてしまいます。
→自分の主張ははっきり言う。言葉を濁すべきでない理由

 

 

人は、「何を考えているかわからない人」のことを信用しようとは思いません。

 

初めて会った人や、よく知らない人に警戒心を持つのは、よくあることです。
その理由は、「内面や人間性をよく理解できておらず、どんな人かわからない」
からですよね。

 

つまり、信頼されるということは「この人なら、信じられる!」と思ってもらえる
ということ。
何を考えているのか、自分の思想や考え、想いを自分の言葉で隠さずに、
ありのままつづれば自然と反応が取れ、信頼してもらえることの意味はここに
あります。

 

 

 

アドバルーン

 

 

 

「よくわからない人」に誰しも心を開こうとしないのは、当たり前のことです。
それは、ブログやネットの世界でも同じです。

 

むしろ、ネットであれば顔も声も見えないし聞こえないので、与えられる情報は
「文章のみ」です。その文章から、読者はあなたの「人柄や情報」を
判断しなければならないのですから、なおのこと警戒心が高まって当然です。

 

 

だからこそ、コピーライティングを身につけ「人の心を文章一つで動かす」
必要があります。
→コピーライティングをブログに取り入れれば稼げる理由
そして、「文章一つで」あなたのことを信用してもらうには、あなた自身が
「読者に対して、正面から向き合い心を開いて接する」必要があります。

 

人は、よく知らない人から物を買おうとは思いません。

 

 

その商品が世界で一つの限定品だったり、よほど喉から手が出るほど
欲しい物なら、また話は別ですが基本的に人というのは、
財布のヒモを固く締めています。

 

押し売りされれば身を固くして「なんだコイツ?」と思いますし、
「買って買って」と説得されれば、嫌な気分になり「誰が買うかよ」と思います。

 

 

その人の文章を読み心が動かされ、「もっと読んでみたい」と思い、
やがてその人のことを信用する。
信用するからこそ、初めて「この人から買いたい!」と思ってもらえるんですね。

 

よく知りもしない人、嫌いな人から商品を買おうと思う人が一体、
世界中のどこにいるでしょうか?

 

「商品を売る」ことを目的にするのでなく、「徹底的に心を開き、読者の共感を
得て、信用を引き出す」ことで初めて反応が取れ、商品は売れるようになります。

 

この順序を間違って、最初から売ることばかり目的にしていると、商品が
売れることはありません。

相手の立場に立って親身になれる人こそ、成功する

ここで、あなたはこう思われたかもしれません。
「徹底的に心を開くって、具体的にどうすればいいの?」と。

 

心を開く、ということはまずあなたが読者に対して「壁を作らない」という
ことですね。

 

しかし、それは趣味や年齢家族構成、ペットの名前などの「あなたの身の上」の
情報を公開することではありません。

 

 

上でも言ったように、読者は「あなた自身のこと」には興味がありませんし、
興味があるのは「あなたの生い立ち」や「どうやってつらい状況を乗り越えたか」
などの、「読者にとっての価値のある情報」です。

 

 

もちろん、趣味ブログなら趣味を公開するのは当然ですし、
ペットのお世話をしているブログであれば、ペットのことを思う存分
語るのもありだと思います。

 

ですが、「読者が求めている情報」とブレそうな情報は、あえて公開する
必要はない、ということです。
聞かれた時に初めて答えるのでも、十分間に合うことですよね。

 

 

 

トンネル

 

 

 

心を開くというのは、「なぜこのブログを始めようと思ったのか?」や
「このブログを通して、何を伝えていきたいか?」などのあなたの信念や思想、
「同じ状況の人に対してあなたができるアドバイス」などの、
「読者が求める情報を、あなたなりの言葉で一生懸命つづる」ということです。

 

つまり、あなたが今苦しんだり悩んだりしている読者に対して、
「親身になって共感し、かけられる言葉」を自分なりに探して、かける。

 

 

自分の境遇や過去のつらい体験を語ることで、現在同じ状況にいる読者の励みに
なり、自然と共感を得られます。

 

逆に言うと、あなたがつらい状況にあった時誰かに「かけてほしかった言葉」
あるいは、「実際にかけてもらって救われた言葉や想い」をありのままつづる
ことができれば、自然と読者との信頼関係ができてきます。

 

 

人の心に寄り添う気がなく、自分のことしか考えられないような打算的な考えで
ネットビジネスは、うまくはいきません。

 

相手の立場に立ち、親身になって寄り添い、悩みの解決法を挙げるからこそ
あなたは信じてもらえ、「この人についていこう」と思ってもらえます。
そして親身になって寄り添うということは、「あなたの言葉で一生懸命、
一つ一つの記事を精魂込めて書いていく」ということ。

 

 

適当に書いた記事では、そこにあなたの感情が乗らないため、
人の心は揺さぶられませんし、共感は得られません。
下手をすると、その適当さを見透かされ信用を失うことにもなりかねません。

 

しかし、あなたが心から「読者の役に立ちたい」と思いながら記事を一つ一つ
丁寧につづることができれば、必ず共感や反応を得られます。
私が実際にそうでしたから、自信を持って今あなたにお伝えできます。

 

 

親身になって人の心に寄り添い、読者を幸せになれる方向へ導く。
そして、その「感謝」の対価として、あなたがお金をいただく。

 

そのように読者もあなたも「幸せになれる」ビジネスを行っていければ、
やがてあなたが成功する日に日々一歩ずつ、自然と近づいていきます。
なんの取り柄もない私にもできましたから、今文章を懸命に追うことの
できる向上心あふれたあなたならなおのこと、きっとできるはずです。

 

アフィリエイトで成功したいなら、以下の記事も読んでみてください。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。