失敗が怖いからと完璧人間を目指してもうまくいかない理由

あなたは、最初から完璧を目指しすぎるとかえって失敗する事実を
ご存じでしょうか。

 

なるべく失敗したくないから、
あるいは「世に出すものだからこそ、完璧に仕上げたい」という気持ちを持つのは
むしろ、効率よくクオリティアップを計る上でも非常に賢明な意識です。

 

 

しかし、「完璧であること」に囚われすぎるとかえって身動きできなくなる。
→アフィリエイトの初心者がブログでやってしまう失敗
→幸せになるには「感謝の気持ち」が鍵となる
そして、誰しもが「完璧」を無意識に目指してしまうのは、幼少期の
環境が原因です。
一体、どういうことでしょうか?

 

 

・最初から完璧を目指すと高確率で失敗する

・成功の機会を逃さないためにも「とりあえずやる」
・失敗して経験を踏んでこそ、成長すると考え方を変える

最初から完璧を目指すと高確率で失敗する

失敗すればするほど、経験となりその経験を次に活かすことができるので、
より失敗してこそ、早く成長する。
それがわかっているのに、なぜ私たちはこうまでも「失敗に対する恐れ」を
抱いてしまうのでしょうか?

 

 

人間には生まれついた欲求の一つとして、「恐怖を避けたい」思いがある…
という理由もありますが、→失敗が怖いと思った時に考えたいこと
「失敗=悪」だと思わせられる最大の原因となったのはやはり「学校教育」です。
一体、どういうことかあなたはお分かりでしょうか?

 

 

私たちは、物心つく前から義務教育によって学校への入学を経験します。
小学校に入ったばかりの、まだ「自分で自分の意思を尊重できない」幼い頃から
誰しもが、周囲の教師の言うことを聞くのが「正しいこと」だと教わります。

 

そして、学校教育の一番の問題が「失敗をダメなもの」だと教え込むこと。

 

 

答えを間違えれば、「違うでしょ」と怒られる。
正解を一度で言えば褒められる一方で、間違った答えを連発すればまるで
「出来の悪い、ダメな子」とでも言いたげな目でため息をつかれる。
あなたにも、ご自身の経験に関わらずこのようなことはありませんでしたか?

 

失敗することを否定されれば、失敗そのものを「ダメ」と認識し、
怖くもなって当然です。
何としてでも失敗を避けようとする、「必要以上に失敗を恐れる意識」が
生まれるせいで、言い換えれば常に「失敗しないか怯えている状態」ですよね。

 

 

失敗を恐れるからこそ、「失敗したくない!」と完璧を目指すことにもなる
わけですが、しかし「失敗を過剰に意識する」せいで、自然体でいられない。
つまり、「リラックスできずに、本来の力を発揮できない」わけですね。

 

こうなってしまうと、最悪です。
失敗したくないからと、囚われたくないはずの「失敗」に囚われ、結果的に
最初から完璧を目指し、四角四面で面白みのない、緊張感の中アフィリエイトなら
「つまらない、余裕のない、読者を思いやれない文章」を量産する。

 

 

敗因は、間違いなく「失敗を必要以上に意識しすぎたこと」にあります。
失敗したくない、という思いが過剰に失敗に対する恐れを生み出し、やがて
冷静な判断力や思考能力を奪い、自然体でいられなくなる。

 

そのせいで、普段はしないミスを犯すこともありますし、何より
「失敗したくない!」というまるで強迫観念のような思いに囚われ、楽しくない。
失敗を意識しすぎたせいで、かえって失敗する。
これが、悪循環以外のなんだと言えるでしょうか。

成功の機会を逃さないためにも「とりあえずやる」

私たちに強烈な「失敗=悪」という印象を植え付ける、根源となった学校教育は、
既に頭の中に染み付いてしまったものなので、なかなか忘れることはできません。

 

「忘れたい!」という思いはあっても、つい子供の頃、ましてや「まだ善悪の
判断も付けられないような頃」に習ったものは、重要視しがちです。
特に、子供にとっての「偉大な存在」と言える大人から、口を酸っぱくされて
教え込まれれば、無条件に「正しいことなんだ」と思ってしまいますよね。

 

 

一方私も、学校教育に未練などありませんし、実際この歳になって「一体、何が
役に立ったんだろう?」と思ってみても、疑問しか残りません。
→学校に行けない、働けないと悩んだ時の解決法

 

しかし、やはり幼少期に強く根付いた学校教育は、強烈なのは事実です。
確かに、子供の頃まだ幼く危うい時代があったからこそ、学校教育に従うのも
当時は必要なことだったかもしれません。

 

 

ですが、今大人になってあなたが「自分で、自分の考えをしっかり持つ」ように
なったからこそ、今更どこの誰の価値観かもわからない「学校教育」など、
もう必要ないとは思いませんか?

 

 

必要ないものは、捨ててしまって構いません。
特に、今あなたを成功から遠ざけ、頭を悩ませるものであればそれに囚われ、
嫌な思いをし続けるのはシャクでしかありませんよね。

 

嫌なことがあっても、今までグッと堪えてここまで乗り切って来られた、誰より
強い精神力と忍耐力のあるあなただからこそ、これ以上自分を苦しめる、
必要のないものは全て捨ててしまいましょう。

 

 

 

ゴミ箱

 

 

 

今まで習った学校教育によって染み付いた、「失敗=悪」という誰のものかも
わからない価値観を捨てるのは、特に最初は難しいかもしれません。

 

やはり、失敗して怒られた経験、がっかりされた経験があるからこそ、
私たちは無意識に「失敗によって得た、嫌な経験」をもう味わいたくなくて、
「失敗したくない!」と思ってしまいますよね。

 

 

それに、どちらにせよどうせ物事を行うのなら、「一発でうまくいったほうが
気持ちがいい」からこそ、失敗を避けたいという気持ちもよくわかります。

 

誰だって、「失敗してもいいよ」と言われたところで、確かに気持ちは楽に
なるかもしれませんが、「なるべく、早く成功したい」と思いますよね。

 

 

しかし、失敗と同じで「成功」にも必要以上に囚われすぎると、途端に
プレッシャーがかかり、余計な力が入ってしまい本来の力を出せません。

 

私たちがなかなか「自然体で、思うままの力を出せない」最大の原因は、
失敗や成功に対する、必要以上のプレッシャーとも言い換えられそうです。

 

 

では、逆転の発想をしてみればうまくいくとは思いませんか?
つまり、成功の機会を逃さないためにも「とりあえず、失敗だの成功だの
気にせずに『何も考えずに始めてみる』」

 

考えすぎるとかえって失敗するからこそ、時には「何も考えずにやる」ことは
意外と、成功する上で重要な要素となります。
→考えすぎる人から脱却するために。「シンプルに考える」と意識する

失敗して経験を踏んでこそ、成長すると考え方を変える

物事を行う時、例えばアフィリエイトにしても、「うまく筆が進まず、
行き詰まる」こともありますよね。

 

毎日同じように文章を書く、という作業を続けていれば、時に嫌気が差し
時にマンネリ化し、時にゴールが見えなくなって悩むこともあります。
そんな時、思考が濁って「文章が書けない、筆が進まない!」となりがちです。

 

 

私も実際に、やはり調子のいい時もあれば悪い時もあるのでダメな時は本当に
一文も進まず、頭を掻きむしる経験を何度も味わいました。
書かなきゃ、というプレッシャーがあるだけに、書けないのはつらいですよね。

 

こんな時に、「行き詰まった状態」から早く脱却する意味でも、
一つ心に留めておきたい意識があります。
それは、「とりあえず最後まで完成させる」ということです。

 

 

一体、どういうことかあなたはお分かりでしょうか。
つまり、こういうことです。
「なんか調子悪いな…」「気分が乗らない」「納得いく文章が書けない」
と思っても、なるべく気にせず「一旦、最後まで仕上げてみる」。

 

ついやってしまいがちなのが、「最初から完璧に仕上げようとする」あまり
一文一文立ち止まって、納得いくものが書けているかどうか、意識すること。

 

 

確かに、自分が世に出す作品だからこそ、そして読者の心を揺さぶる必要が
あるからこそ、一つ一つの作品を「完璧に仕上げる」意識は非常に重要です。

 

しかし、やはり私たちは人間ですから「一足飛びにいかない」からこそ、
最初から完璧を目指しても行き詰まるだけで、かえってゴールにたどり着くのが
遅くなってしまいます。

 

 

 

フットサル・ゴール

 

 

 

少しずつ経験を踏んで、徐々に良い文章の書き方を学ぶ。
経験がないうちから、決して「完璧なもの」は書けません。

 

だからこそ、むしろ最初から完璧などない、と割り切った上で
「やりながら成長する」ことが一番、結果的に早くゴールできると思いませんか?

 

 

迷っても、表現が納得いかなくても「とりあえず、最後まで仕上げてみる」。
そうすることで、後からいくらでも修正が利きますしまず「仕上げた」ことに
よって、安心感が生まれ心にも余裕ができます。

 

人間は、徐々に力をつける生き物だからこそ、完璧などない。
そして、失敗を必要以上に恐れても思うような結果は出せないし、むしろ
失敗をたくさん経験してこそ、次に「どうすればいいか?」がわかるので
より早く、成長することにも繋がります。

 

 

成長するためにも、成功するためにもやはり私たちには「失敗する」ことが
一番の近道だと言えそうです。

 

だからこそ、失敗を悪と思うよりも「失敗してこそ、より早く成長できる」と
意識を変えると、そもそも「失敗すること」を肯定的に受け入れられるようにも
なるので、自然と最初から完璧を目指す意識も消失します。

 

 

私も、失敗することに異様に恐れを抱いていた時もありましたが、今は
「失敗することで、少しずつ成長する自分」に気づいたお陰で、失敗した時も
「また一つ、いい経験になった」と清々しく感じられるようにもなりました。

 

意識一つで、失敗は「悪」ではなくなります。
成功や失敗に必要以上に囚われず、「今、成長している自分」を味わうことが
できれば、アフィリエイトも道中が楽しくなると、そのように思いませんか。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。