「失敗が怖い」を克服できる、失敗を受け入れる考え方

失敗するのが、怖い。
失敗が怖いからと、ついつい「完璧に」仕上げようとしてしまう。

 

なんとか、これを克服する方法はないだろうか…?

 

 

かつて、私もずっと持っていた切実な悩みでした。

 

 

やはり、最初から完璧を目指しすぎると、
かえって失敗するのも事実だということ、ご存じでしょうか。

 

 

なるべく失敗したくないから、あるいはブログの記事なら、

 

「世に出すものだからこそ、完璧に仕上げたい」という気持ちは、
むしろ、向上心が高いことの表れだとも思います。

 

 

しかし、「失敗すること」にとらわれすぎると、
かえって「完璧に」仕上げようとしたり。

 

あるいは身動きできなくなり、かえって失敗してしまう。

 

→アフィリエイトの初心者がブログでやってしまう失敗
→幸せになるには「感謝の気持ち」が鍵となる

 

 

そして、誰しもが「失敗」を恐れて、「成功」を一度で目指すのは、
幼少期の環境が一つの原因なのです。

 

一体、どういうことでしょうか?

 

 

「うまくいくこと」を目指さなくなると、失敗することが怖くなくなる。
そして、成功する人の「失敗」に対する考え方。

 

失敗が、怖いと思った時の有益な克服方法。

 

 

一つ一つ、順を追って見ていきましょう。
きっと、読み終える頃には失敗に対する見方が変わると思います。

 

 

・最初から完璧を目指すと高確率で失敗する

・成功の機会を逃さないためにも「とりあえずやる」
・失敗して経験を踏んでこそ、成長すると考え方を変える

最初から完璧を目指すと高確率で失敗する

失敗すればするほど、貴重な「経験」となる。

 

そして、その経験を次に活かすことができるので、
より失敗してこそ、早く成長する。

 

 

…と、それが頭ではわかっているのに、
なぜ私たちはこうも「失敗が怖い!」と思ってしまうのでしょうか?

 

 

人間にはそもそも、生まれついた欲求の一つとして、
「恐怖を避けたい」という願望があるのも、理由の一つです。

 

→失敗が怖いと思った時に考えたいこと

 

 

ですが、それとは別に「失敗=悪」だと思わせられる、
最大の原因となったのはやはり、「学校教育」にあるのです。

 

一体、どういうことかあなたはおわかりでしょうか?

 

 

例えば、こうです。

 

 

私たちは、物心つく前から義務教育によって、
学校への入学を経験しますよね。

 

小学校に入ったばかりの、まだ「自分で自分の意思を尊重できない」、
そんなに幼い頃から誰もが、
周囲の大人や、教師の言うことを聞くのが「正しいこと」だと教わります。

 

 

そして、学校教育の一番の問題が、
「失敗はダメなもの」だと、教え込むことにあります。

 

 

答えを間違えれば、「違うでしょ!」と怒られる。

 

正解を一度で言えば褒められる一方で、間違った答えを連発しようものなら、
まるで「出来の悪い、ダメな子」とでも言いたげに、ため息をつかれる。

 

あなたにも、ご自身の経験に関わらず、こんな記憶がありませんか?

 

 

失敗することを、来る日も来る日も。

 

何度も何度も否定されれば、失敗そのものを「ダメ」と認識してしまい、
失敗することそのものが、怖くもなって当然なんです。

 

 

何としてでも失敗を避けようとする、「必要以上に失敗を恐れる意識」
がついて回るせいで、
言いかえれば常に「失敗しないか、怯えている状態」と言えますよね。

 

 

失敗を恐れるからこそ、「失敗したくない!」と、
逆に「完璧を目指す」ことにもなるわけですが、

 

しかし「失敗を過剰に意識する」せいで、どうしても自然体でいられません。

 

 

つまり、「リラックスできないので、本来の力を発揮できない」わけですね。

 

 

こうなってしまうと、最悪です。

 

失敗したくないからと、とらわれたくないはずの「失敗」にとらわれて。

 

最初から完璧を目指し、四角四面で面白みのない、
緊張感の中、アフィリエイトなら
「つまらない、余裕のない、読者を思いやれない文章」を量産してしまいます。

 

 

そうして、つまらないので誰の心も揺さぶれず、成約も取れず、
時間のムダになってしまうわけですね。

 

敗因は、間違いなく「失敗を必要以上に意識しすぎたこと」にあります。

 

失敗したくない、という思いが過剰に失敗に対する恐れを生み出し、
やがて冷静な判断力、思考能力を奪い、自然体でいられなくなる。

 

 

そのせいで、普段はしないミスを犯すこともありますし、
何より「失敗したくない!」という、強迫観念にとらわれてしまい、
楽しくないんですね。

 

 

失敗を意識しすぎたせいで、かえって失敗してしまう。

 

そして、その経験が「失敗=嫌なもの」と頭に刷り込み、
余計に失敗を怖い…と思わせる。

 

これが、悪循環以外の一体、なんだと言えるでしょうか。

 

 

しかし、安心してください。

 

たとえ今、失敗が怖いと悩んでいたとしても。
ちゃんと、「失敗が怖い」気持ちを克服する方法があるんです。

成功の機会を逃さないためにも「とりあえずやる」

私たちに強烈な「失敗=悪」という印象を植えつける、
根源となった学校教育。

 

これは、既に頭の中に染みついてしまったものなので、
なかなか忘れることはできません。

 

 

「忘れたい!」という思いはあっても、つい子供の頃、
ましてや「まだ善悪の判断もつけられないような頃」に習ったものは、
重要視してしまいがちなのです。

 

特に、子供にとっての「偉大な存在」と言える大人から、
口を酸っぱくして教え込まれれば、
無条件に「正しいことなんだ」と、思ってしまって当然ですね。

 

 

そういう意味では、「義務教育」などと銘打って、
まだ幼く判断力もない時に、教室にすし詰めにされる子供は、
国や社会の策略の多大な「被害者」と言えるかもしれません。

 

 

 

一方私も、学校教育に未練などありませんし、
実際大人になってみて「一体、何が役に立ったんだろう?」
と思ってみても、正直疑問しか残らないのです。

 

ですから私は、学校教育は「不要なもの」だと、そう思っています。

 

→学校に行けない、働けないと悩んだ時の解決法

 

 

しかし、やはり幼少期に強く根づいた学校教育は、強烈なもの。

 

確かに、子供の頃まだ幼く危うい時代があったからこそ、
学校教育に従うのも当時は、必要なことだったかもしれません。

 

 

ですが、今大人になってみて「自分で、自分の考えをしっかり持つ」
ようになったからこそ。

 

今更、どこの誰の価値観かもわからない「学校教育で習ったこと」など、
もう、今のあなたには必要ないと思いませんか?

 

 

必要ないものは、捨ててしまって構いません。

 

私も、実際に学校教育で習った「常識」「価値観」は、
綺麗に捨ててしまいました。

 

→一般論や常識に振り回されると「生きるのがつらい」と感じる理由

 

 

特に、今あなたを成功から遠ざけ、頭を悩ませるものなら、
それにとらわれて、嫌な思いをするのはシャクでしかありませんよね。

 

 

嫌なことがあっても、今までグッと堪えてここまで乗り切ってこられた、
誰より強い精神力と忍耐力のあるあなただからこそ、
これ以上自分を苦しめる、必要ないものはきっぱり捨ててしまいましょう。

 

それができると、スッと気持ちが楽になりますよ。

 

 

「失敗は、実は怖くなんかない。」
「失敗は、成功のために欠かせない必要な要素。」

 

こんな風に、発想を転換してみませんか?

 

 

 

ゴミ箱

 

 

 

今まで習った学校教育によって染みついた、
「失敗=悪」という誰のものかもわからない価値観。

 

これを捨てるのは、特に最初は難しいかもしれません。

 

 

やはり、失敗して怒られた経験、がっかりされた経験があるからこそ。

 

私たちは無意識に、「失敗して味わった、嫌な経験」を二度と味わいたくなくて、
「失敗したくない!」と、怖い思いが芽生えるのです。

 

 

それに、どちらにせよどうせ物事を行うのなら、
「一発でうまくいったほうが気持ちがいいし、効率的」だからこそ、
失敗を避けたい、という気持ちもよくわかります。

 

 

誰だって、「失敗してもいいよ」と言われたところで、
確かに気持ちは楽になるかもしれませんが、
それでも「なるべく、早く成功したい」と思うものですよね。

 

 

しかし、失敗と同じで「成功」にも必要以上にとらわれすぎると、
途端にプレッシャーがかかり、
余計な力が入って、本来の力を出せないこと。

 

ご存じでしょうか?

 

私たちがなかなか「自然体で、思うままの力を出せない」最大の原因は、
失敗や成功に対する、必要以上のプレッシャーとも言いかえられそうです。

 

 

では、ここで少し考えてみてください。

 

「逆転の発想をしてみれば、うまくいく」と思いませんか?

 

 

つまり、成功の機会を逃さないためにも、
「とりあえず、失敗だの成功だの気にせずに、
『何も考えずに始めてみる』」

 

 

考えすぎるとかえって失敗するからこそ、
時には「何も考えずにやる」ことは意外と、成功する上で重要なのです。

 

→考えすぎる人から脱却するために。「シンプルに考える」と意識する

 

 

始める時は緊張したかもしれないけど、
思い切ってやってみれば、意外と難なくいくこと。

 

そういう「経験」が、「失敗が怖い」思いを和らげ、
やがて克服に繋げてくれるのだと思います。

 

 

さて、最後に重要なことをお伝えしますね。

失敗して経験を踏んでこそ、成長すると考え方を変える

何か、物事を行う時。

 

例えばアフィリエイトにしても、
「うまく筆が進まず、行き詰まる」こともありますよね。

 

 

毎日同じように文章を書く、という作業を続けていれば、
時に嫌気が差し、時にマンネリ化し、
時にゴールが見えなくなって、悩むこともあるでしょう。

 

そんな時、思考が濁って「文章が書けない、筆が進まない!」となりがちです。

 

 

私も実際に、やはり調子のいい時もあれば悪い時もあるので、
ダメな時は本当に一文も進まず、頭を掻きむしる経験を何度も味わいました。

 

書かなきゃ、というプレッシャーがあるだけに、書けないのはつらいことです。

 

 

生まれるのは焦りばかりで、気づけば時計と睨めっこ。
「早く書かなきゃ」と思えば思うほど、うまくいかないのがじれったいですよね。

 

 

こんな時に、「行き詰まった状態」から早く脱出する意味でも、
一つ意識しておきたいことがあります。

 

それは、「とりあえず最後まで完成させる」ということです。

 

 

一体、どういうことだと思われますか?

 

 

つまり、こういうことです。

 

「なんか調子悪いな…」「気分が乗らない」「納得いく文章が書けない」
と思っても、なるべく気にせず「一旦、最後まで仕上げてみる」。

 

 

ついやってしまいがちなのが、「最初から完璧に仕上げようとする」あまり、
一文一文立ち止まって、納得いくものが書けているかどうか、意識すること。

 

 

確かに、世に出す作品だからこそ、
そして読者の心を揺さぶる必要があるからこそ、
一つ一つの作品を「完璧に仕上げる」意識は、質を高めてもくれます。

 

 

しかし、やはり私たちは人間ですから「一足飛びにいかない」からこそ、
最初から完璧を目指しても行き詰まるだけで、
かえってゴールにたどり着くのが遅くなってしまうのです。

 

 

 

フットサル・ゴール

 

 

 

少しずつ経験を踏んで、徐々に良い文章の書き方を学ぶ。

 

経験がないうちから、決して「完璧なもの」は書けません。
「失敗したくない」と思っても、一度でゴールテープは切れないんです。

 

 

だからこそ、むしろ最初から完璧などない、
と割り切った上で「やりながら成長する」ことが一番、
結果的に早くゴールできると思いませんか?

 

 

迷っても、表現が納得いかなくても「とりあえず、最後まで仕上げてみる」。

 

失敗したら…と思ったなら、一度「いいや、失敗してこそ成功するもんだし」
と、「失敗してもいいことにする」

 

 

そうすることで、後からいくらでも修正が利きますしまず、
「仕上げた」ことによって、安心感が生まれ心にも余裕ができるんです。

 

完成度なんて、高くなくていいんです。
5、6割くらいでも全然問題ありません。

 

なぜなら、「後から、いくらでも修正が利く」から。

 

 

人間は、徐々に力をつける生き物だからこそ、完璧などない。

 

そして、失敗を必要以上に恐れても思うような結果は出せないし、
むしろ失敗をたくさん経験してこそ、

 

次に「どうすればいいか?」がわかるのでより早く、
成長することにも繋がるんです。

 

 

成長するためにも、成功するためにもやはり私たちには、
「失敗する」ことが一番の近道だと言えそうです。

 

 

だからこそ、失敗を悪と思うよりも「失敗してこそ、より早く成長できる」
と意識を変えると、

 

そもそも「失敗すること」を受け入れられるようになるので、
自然と、気づいたら失敗が怖くなくなっているんです。

 

 

つまり、「失敗したら嫌だ」→「失敗してもいいや、成功の元だし」と、
考え方一つ変えたことで、「失敗が怖い」思いがなくなった。

 

これは、見方を変えれば「克服できた」とも言えますね。

 

 

私も、失敗することに異様に恐れを抱いていた時もありましたが、
今は「失敗することで、少しずつ成長する自分」に気づけました。

 

そのお陰で、失敗した時も「また一つ、いい経験になった。
次は、もっとうまくいくだろう」と、そう思えるようになりました。

 

 

意識一つで、失敗は「悪」ではなくなります。

 

成功や失敗に必要以上にとらわれず、
「今、成長している自分」を味わうことができれば、
何をやっても道中が楽しくなると、そのように思います。

 

 

大丈夫。

 

もっと肩の力を抜いて、気楽に構えてもいいんです。
失敗したって、命まで取られるわけじゃないんですから。

 

 

失敗は、「怖い、嫌だ」と排除するよりも、
見方を変えていっそ、受け入れてしまいましょう。

 

そうすれば、きっと前だけを見て「今やるべきこと」に、
一点集中でき、質も上がるはずですよ。

 

 

失敗を、「恐れない意識」が結果的に、
「失敗が怖い」を克服できる方法だと、そう言えそうです。

 

 

失敗の先の成功、「自由」に興味があれば、
以下のメルマガも見てみるといいかもしれません。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。