人と比べるのをやめると幸せになれる

こんにちは、りうるです。

 

人が孤独感を感じたり、自分のことを「ダメな奴」だと思う時というのは、
「自分と他人を比べている時」です。

 

世の中に生きている以上、私たちは自然と誰かと比べることをしますよね。
これは、もう幼少期から周囲の影響もあり私たちに染みついた感覚なので、
無理に直そうとする必要はありません。

 

しかし、ことあるごとに他人と比べるのをやめることで、前向きに生きて行く
ことができるようになります。詳しく見ていきましょう。

 

 

・隣の芝生は青いもの

・比べるなら丸ごと「その人になりたいか?」と問うてみる
・比べる対象は「過去の自分」

隣の芝生は青いもの

隣の芝生は青い。これは「他人の持っているものは、良く見える」という
意味ですね。

 

私たちは、日常生活の中で無意識的に、誰かしらと自分自身を比べます。
例えば芸能人が「ピアノができる」と聞けば、その腕前を自分のものと比べたり。

 

「絵が描ける」と聞けば、その技術を自分と比べて、
「自分のほうが上だ」と思えば優越感に浸る。
一方で、「自分の腕前が下だ」と思えば「自分なんて…」と、一人落ち込む。

 

そして、「隣の芝が青く見える」最大の原因は「その人の結果や能力」しか
目に入っていないからです。どういうことでしょうか?

 

 

つまり、アフィリエイトで「現在月に1億を売り上げるアフィリエイター」に
あなたが「あの人はいいなあ…」と思ったとします。
そんな時、あなたは「あの人」の「現在稼いでいる」という部分ばかりを見て、
その人のことを羨ましいと思いますよね?

 

誰しもそういう傾向にありますが、人を見る時に「その人の出した結果、能力」
ばかりを見て、「過程にある努力や下積み」など意識しないんですね。

 

 

 

氷の彫刻

 

 

 

人間は、目に見えるものばかりに気を取られる傾向があります。
他人に対しても同じで、その人が「どうやってそこまでたどり着いたのか?」
という苦労や経験、たくさんの失敗を「そもそも、見ようとしない」。

 

だからこそ、華やかな結果や経歴、実力だけを見て「羨ましい」と思う。
その人が積み上げてきた苦労や努力を、想像しないで「あの人はいいな」と
思うのも確かに一つの感性です。

 

 

しかし、「いいな」と羨む前にその過程にある努力や下積みを一つ一つ想像して、
「私も同じように頑張ろう!」と前向きに考えたほうが結果的に、
あなたが伸びていくきっかけになるんですね。

 

生まれた時から才能を持っている人など、ほんの一部に過ぎません。

 

 

私も、特別秀でた才能などありませんし、どちらかと言えば不器用ですから
何かを覚えるのに苦労することも、よくあります。
他の人にしても、何かしら挑戦するにはそれだけの失敗や苦労を重ねているのが、
むしろ当たり前ですし、誰しもつらい思いをしていますよね。

 

これは、世の中で成功している人も決して例外ではありません。

 

9000回以上シュートを外し、300試合の勝負に敗れ、

勝敗を決める最後のシュートを任されて26回も外した。
人生で何度も失敗した。それが成功の理由だ
[出典:マイケル・ジョーダン/アメリカの元バスケットボール選手]

 

失敗という過程があるからこそ、努力した事実があるからこそ、人は
成長できるし成功へと近づけるんですね。

 

 

「過程」である失敗や苦労、努力は誰しもが、好んで人に見せようとはしません。
それは、劇の舞台裏を観客に見せるようなものだからです。

 

成功した人の「華々しい功績」にばかり囚われず、「あの人もきっと裏では、
たくさん失敗してきたんだな」と見方を変えてみれば、
案外気が楽になったり、「私も頑張ろう」と意欲がわくとは思いませんか?

比べるなら丸ごと「その人になりたいか?」と問うてみる

もう一つ、「隣の芝は青く見える」時に注意しておきたいことがあります。

 

それは、その人と「比べる」ことをするのなら、一度あなたは
「その人になってみたいと思うか?」を自分に問い掛けてみる、ということ。

 

 

人は、その人の「一部分」だけを羨み、「いいなあ…」と思う傾向があります。
例えば、足が速いと聞けばその「足が速い」部分だけを見て、
「あの人はいいなあ」「あの人みたいになりたい」と思う。

 

足が速くても、手芸の才能はゼロだったりその他のスポーツはまるでダメ、
だったりするかもしれません。
しかし、「その他の部分」は見もせず、見ようともせずにただ
「あの人は足が速い」とまるで「足が速いことだけが、その人の価値」とでも
言わんばかりに、決めつける人がいます。

 

 

確かに、その人が足が速くてそれをあなたや他の人が「羨ましい」と
思っているのも事実でしょう。
しかし、ここで一度少し考えてみてください。

 

足が速いあの人に憧れるあなたは、「あの人みたいに足が速くなりたい」とは
思うかもしれませんね。
しかし、「あの人自身になりたい」とは、果たして思うでしょうか?

 

 

 

陸上

 

 

 

あなたは、あの人に憧れているのではなくあの人の「足の速さ」に憧れている、
ということです。
だからこそ、手芸の才能がゼロな部分や、他のスポーツがまるでダメな部分は
恐らく「いらない」と思うでしょうし、「足が速い」部分だけを
自分のものにしたい、と思っているはずです。

 

 

アフィリエイトで月に1億売り上げる人にしても、「月に1億売り上げる部分」に
憧れているのであって、その他の部分を「引き継ぎたい」とは思いませんよね?

 

例えば、服の趣味が自分とは違うことが発覚したり、冷え症や汗っかき、と
聞いたりすると「その部分はいらない」と思うのではないでしょうか。

 

つまり、人間は「自分の都合の良い部分にばかり目が行く」性質を持っている、
ということですね。

 

 

能力のある人、才能のある人に関してもその「能力や才能」が欲しい、と
思うのであって、「その人自体になりたい」わけではない、ということです。

 

もっと正確に言えば、「私のまま、あの人の能力や才能が欲しい」と
考えている、ということですね。なんともおかしなものです。
経験や苦労もなしに手に入れた能力に、果たして愛着や実感がわくでしょうか?

比べる対象は「過去の自分」

「あの人になりたい」「あの人が羨ましい」と思う時というのは、そもそも
「今の自分に何かしら、不満を抱えている時」です。

 

自分のことが大好きで、自分の能力や人柄などに大層満足している人が、
他人を見て「あの人、いいな」などと果たして思うでしょうか?
思いませんよね。

 

 

自分のことが好きで、今の自分に満足しているからこそ、「他人と比べる」
ということをしないし、そもそも比べる必要がない。
比べなくても、「自分に価値がある」ということを知っているため、わざわざ
価値の確認などする必要がない、ということですね。

 

個性や価値観、育ってきた環境や感性などまるで違うのが、他人です。
だからこそ、比べることに意味などありませんし
得手不得手、これまでの努力の傾向も違うからこそ「結果が違って当たり前」
なんですね。

 

 

そもそもが違う人間なのに、比べることなど労力のムダ、だとは思いませんか?

 

確かに、オリンピックやスポーツの大会、格闘ゲームにしても「他人と競い、
勝敗を決める」ものがあるのも事実です。
何も、それら全てを否定しているわけではありません。

 

 

 

サッカー

 

 

 

勝敗を競うスポーツや物事は、それら自体を「楽しむための要素」として
取り組んでいるものですよね。
つまり、プレイヤーや観客が「楽しむために、見て白熱するために」あるいは
「結果を残すために」競うことを良しとしている競技や大会です。

 

個人が、「勝ったから私は価値が高い」「負けたから価値がない」のように
「自分の価値を計ることを目的として、行うもの」ではありません。
勝ち負けをただ純粋に競い、そこに価値を付けない。

 

つまり、勝っても負けても互いに「価値がある」ことをわかっているんですね。
だからこそ、純粋に楽しめるし「競う」ことに全力を尽くせる。

 

 

過去の自分と比べる習慣を付けると、「自分の成長」を実感できます。
そして、「過去の自分と比べること」に意識が向くので、
「他人と比べること」をしなくなります。

 

つまり、他人と自分を比べて勝った、負けたと一喜一憂したり、
「他人より自分が劣っている」と思い込んで落ち込むことがなくなる、
ということですね。

 

 

過去の自分と比べれば、あなたは何かしら「必ず」成長していることになります。

 

なぜなら、過去から今に向けて「何も学んでいない人」はいないからですね。
どんな些細なことでも、例えば知識や経験でも「過去と比べれば」必ず、
何かの「成果や結果」を得られて、成長しているはずです。

 

だからこそ、「ああ、私も成長してるんだ」と自分を誇りに思うことができるし、
一度自信がつけば前向きになり、どんどん「学びたい、もっと成長したい」
という意欲がわいてきます。

 

 

まさに、好循環ですね。
この習慣を身につけるほうが、他人と比べて一喜一憂し「自分に価値がない」
と落ち込むよりも、よほど有意義で楽しい時間を過ごせるとは思いませんか?

 

前向きになれれば、どんどん成長の意欲がわき実際に「行動する」ことも、
ためらいがなくなってきます。
そして、いつの間にかあなたの望む「理想の未来」へとたどり着いています。

 

 

こんな風に未来を好きに「幸せな方向に築いていく」ためにも、
他人よりも過去の自分と比べる習慣を持ち、穏やかに成長していきたいですね。

 

着実に知識を付け、日々成長しているあなたですから行動も成功も誰よりも
早いはずだと、私も信じています。

 

マインドセットやアフィリエイトで、成功する考えを今のうちに身につけて
おくためにも、以下の記事も参考にどうぞ。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。