失敗するのは悪いこと?失敗した時の立ち直り方

失敗を必要以上に恐れる。
私も、かつてずっと持っていた思いでした。

 

 

このお陰で、失敗したくない…という気持ちが強く、
結局何をやっても必要以上に力が入り、うまくこなせない…となっていました。

 

こんな経験、あなたにもあるのではないでしょうか?

 

 

失敗=悪いこと、だととらえなくなると意外と、
肩の力が抜けるもの。

 

そして、いざ失敗した時にも「ダメだ」と落ち込むよりも、有効な策。

 

 

少し、見ていきましょう。

 

 

・「失敗は許されない意識」が自分をがんじがらめにする

・失敗した時にすぐに気持ちを切り替えるには…
・「自分に甘く、人にも甘い」人が成功する人?

「失敗は許されない意識」が自分をがんじがらめにする

一度で、時間をかけずにあらゆる物事を効率よくマスターしたい。
そんな思いを持っている人は、多いもの。

 

 

だからこそ、この国の教育でも「失敗=悪」と教えられますし、
今もそう思い込んでいる人は意外といます。

 

→仕事をすることだけが人生の生きがいじゃない
→失敗が怖いと思った時に考えたいこと

 

 

ですが、失敗は許されない、というその意識。
果たして、本当に正しいものなのでしょうか?

 

 

仮に、一度や二度失敗したくらいで。
果たして、本当に取り返しのつかないことになるのでしょうか。

 

 

失敗に必要以上にこだわる人は、やはりうまく成果が出せません。

 

かつての私のように、「失敗したくない!」という強い思いから、
身体に不要な力が入ってしまいます。

 

 

だからこそ、自然体で物事をこなすことができない。

 

不自然に力の入った状態で、視野が狭まらないはずもありません。

 

結果、「必要以上に失敗にとらわれ、緊張しすぎたせいで結局失敗した」
ということにもなります。

 

 

かえって、失敗にこだわらないほうがうまくいく例。
例えば、私は昔ピアノのコンクールに出たことがありました。

 

 

ですが、当時は大きく構えられていたのか、
発表の場が来ても当然緊張はするものの。

 

あまり何も考えずに、ただ「いつものように弾くこと」に専念しました。

 

 

だからか、一度も間違えたことはありませんし、一度も発表の場を
「失敗するかも…」と恐れたことはありませんでした。

 

 

もちろん、子供だったから…ということもあるかもしれません。
しかし、当時の記憶を振り返ってみると。

 

 

思い出されるのは、ただ「いつものように弾こう」と思ったことのみ。

 

決して、「失敗したくない」「間違えたらどうしよう…」とは、
思っていなかったと記憶しています。

 

 

お分かりでしょうか?

 

失敗するかどうかもわからない、なのに「失敗するかも…」ととらわれる。
それは、時間の無駄だとも言いかえられます。

失敗した時にすぐに気持ちを切り替えるには…

昔は、実は私はずっと失敗にこだわる人間でした。

 

失敗したくない、勝ち負けにもこだわる、一度でうまく成功させたい。

 

→勝ち負けにこだわる人は成功しない理由

 

 

しかし、その意識がかえって「成功の邪魔をしていた」ことに気づいたのは、
つい最近でした。

 

そして、同時に「失敗したくない」という思いそのものが、
「物事を楽しく行えなくしている」ことにも気づきました。

 

一体、どういうことでしょうか?

 

 

失敗したくない、という意識が成功の邪魔をする。

 

これは、つまり失敗を恐れ、「失敗すること」にばかり意識がいってしまう。

 

そのせいで、本来見るべき「成功するために必要なこと」にまで、
気が回らない。

 

 

あるいは、身体に力が入って成功の邪魔をする。
そのせいで、失敗する確率を結果的に高めている…ということですね。

 

 

一方で、失敗したくない、という思いそのものが
「物事を楽しく行えなくしている」、とは。

 

つまりこういうことです。

 

 

 

キーボード

 

 

 

考えてもみてください。

 

「失敗するかも…」「失敗したら嫌だな」と思いながら、
例えばアフィリエイトを進める場合と。

 

 

一方で、「失敗したっていいや」「失敗しても、何とかなる」と思いながら、
同じ作業をこなす場合。

 

 

どちらが、より心に余裕を持って気分よく作業をこなせるか…というと、
比べるまでもないと思いませんか?

 

 

失敗した時に、気持ちをすぐに切り替える重要な方法。
それは、「失敗」そのものを嫌いすぎないことにありました。

 

 

つまり、「失敗」に対する見方を変える。

 

「失敗したって、別に命まで取られるわけじゃないし」

 

「失敗しても、また成功に近づける。次やれば、うまくいくかも」

 

「失敗したからこそ、やってはいけないことがわかった。これは成功だ」

 

 

と、考え方を変えることで失敗そのものが、怖くなくなります。

 

要するに、失敗を悪ととらえるのでなく、「成功のために必要ないい要素」
だととらえてみる。

 

 

こうすることで、私も以前のように失敗を恐れなくなりました。
お陰で、肩の力を抜いて自然体で構えることができています。

「自分に甘く、人にも甘い」人が成功する人?

私たちは人間である以上、「完璧な人」などどこにもいません。

 

つまり、最初から何事もうまくいかないのが当たり前。
失敗するのが、当たり前。

 

 

それなのに、学校教育では「失敗するな」と教わります。

 

「たくさん失敗して、成長しよう」ではなく、「失敗するな、一度で成功しろ」
と、間違いを許してはもらえない。

 

学校教育に限らず、社会に出てもそれは同じですよね。

 

 

私は、社会に出て働いた経験は皆無と言って等しいですが、
それでもパートに出た時にも、「失敗は許されない」経験をしました。

 

 

入ったばかりで、一度にあれもこれも…とたくさんのことを覚えられない。
必死でメモを取ってはいるけど、それでもメモしきれないこともある。

 

「一度聞いたこと」をもう一度聞くと、「前も聞いたよね」と言われる。

 

 

覚えるための行動はしてるけど、それでも覚えられないから聞いてるのに…
と、思いながらも「すみません」と謝り、また聞くこと。

 

ありますよね。

 

 

確かに、一度聞いて覚えられればそれに越したことはありません。
言い換えれば、「一度で成功する」ということですね。

 

 

しかし、実際はいくら願っても、そううまくいかないこともあります。

 

例えば、一度聞いたことを「また聞いたら、何て言われるだろう…」
と思うと、それだけで気分が滅入ります。

 

 

「同じ失敗は二度許さない」「同じことをまた聞くなんて」と、
他人の失敗に対して厳しい人が多いのが、この世の中だと思いませんか?

 

 

確かに、最初から「覚える気がない」「人に聞けばわかる」と、
自分で学ぶ意欲がないのなら、厳しく言われても仕方ないかもしれません。

 

 

ですが、覚える気があってそのための行動もしているのに。

 

それでもなお、「できない」ことを責められるのは理不尽だ…
とは思いませんか。

 

 

このように、周りが「失敗を許さない」風潮だからこそ。

 

私たち自身も、やがて「失敗したくない」「失敗したら…」と、
失敗を必要以上に恐れ、自分で自分をがんじがらめにしてしまいます。

 

 

 

くもり

 

 

 

最初の目的は、「失敗しないこと」ではなく「物事を効率よくこなすこと」
のはず。

 

だったら、例え失敗しても少しずつ、学んで成長していけるなら。

 

その失敗も、広く受け入れるほうがよほどリラックスして、
成長できると私はそう思っています。

 

 

現に、自分自身に対しても。

 

「失敗を許さない」と常に思っていれば、いつも気が張った状態。
そんな状態で、自然体で物事を効率よくこなせるはずがありません。

 

 

成功するのは、人に対しても、自分に対しても。

 

「大きな器を持って、長い目で見る人」ではないかと、そのように
思っています。

 

 

失敗に対して、寛容だからこそ。
必要以上に失敗を恐れなくなるし、かえって成功への道が近くなる。

 

 

大事なのは、失敗「そのもの」ではなく。
失敗した後、その失敗を「どう受け止めるか?」です。

 

 

失敗して、「もうダメだ」と塞ぎ込んで行動をやめてしまえば、
実際にダメになる。

 

一方、失敗しても「大丈夫、次がある」と切り替えられれば、
その失敗は次に活かす「成功の糧」となる。

 

 

失敗を、成功に活かせるかは私たちの考え方と行動次第です。
失敗そのものにとらわれるのでなく、一度での成功にこだわるのでなく。

 

 

「たくさん失敗して、いつか必ず成功しよう」と、
前向きに進むその意識が、やがて成功する人になれるのだと、そう思います。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

りうるが全精力を尽くして作り上げた、ここでしか手に入らない貴重な無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。