なるべくストレスを溜めないために。「頑張りすぎない生き方」とは?

「働かずに自由に暮らせる未来」に向かって日々、コツコツ作業している時。

 

取り組み方を間違えると、やがて心が折れて失敗する原因にもなることを
あなたはご存じでしょうか?

 

やるからには、絶対に成功したい。
だからこそ、今のうちに「間違えない取り組み方」をマスターしておきましょう。

 

 

・くじけそうになるのは頑張り方を間違えているから?

・「頑張れ!」という言葉の意外な落とし穴とは…
・自分に合ったやり方を早いうちに見つける

くじけそうになるのは頑張り方を間違えているから?

何をするにも、「ついつい頑張りすぎてしまう人」がいます。
アフィリエイトの作業にしても、早く自由になりたい、作業をたくさんこなした
ほうが最短で自由になれるからと、自分の限界を超えてまで頑張りすぎる。

 

あるいは、たくさん記事を書いて「早くステップアップしたいから」と、
やはり自分の限界を超えてまで、頑張りすぎる。

 

 

日本人は、「頑張れ(頑張る)」という言葉を好んで使う人が多いです。

 

やる気が出ない時、自分を励ましたい時に「頑張れ!」と気合いを入れる。
あるいは、人が何かに挑戦している時に同じく励ますために「頑張って」と言う。

 

 

確かに、「頑張れ」と言われればそれは一種の活力ともなり、ダレていた心を
引き締める上では効果があると思います。
しかし、この「頑張れ」という言葉が何かに向かって突き進む上で、
思わぬ落とし穴になる事実を、あなたはご存じでしょうか?

 

 

というのも、やはり「頑張れ!」と言われる、あるいは自分を励ますとそこに
「自分を奮い立たせる効果」がある一方で、「より、頑張りすぎてしまう」
という恐れもあります。

 

つまり、「既に頑張っているのに、更に『頑張ること』を自分に強要する」。
あなたは、この意味をお分かりでしょうか?

 

 

 

マラソン

 

 

 

何も、「頑張ること」そのものを否定しているわけではありません。

 

確かに、言葉に励ましや活力を与える効果があるからこそ、「頑張る」という
言葉そのものを好んで使う人が多いのもうなずけますし、そもそも
人を励ましたい時、何か声を掛けたい時に「頑張れ!」以外に言葉がないから
仕方なく、代用の意味を込めて使っている…という人もいます。

 

 

少し、考えてもみてください。
例えば親しい人がスポーツ競技をしている最中のこと。応援としてあなたは
「何か言葉を掛けたい、励ましたい。勝ってほしい」と思いますよね。

 

しかし、そこで「頑張れ」という言葉はあまり使いたくないからと、
「ほどほどにね!」「無理しないでね」と言ったとします。
ですが、これらの言葉に「頑張れ!」ほどの効果が期待できないのも、事実です。

 

 

応援として、「頑張れ」という言葉が定着しており、その言葉を受けたからこそ
力を出せる、というのもまた事実ですよね。
ですので、このような場合に「頑張れ」と応援するのは何も間違ってはいません。

 

ですが、問題はやはり「既に頑張っている人に対して、『頑張れ』と言う時」。
もちろん、自分に対しての場合も含まれますが「既に十分頑張っている」のに、
更に「頑張ること」を無意識にも強要されてしまうことの何が問題か。
あなたは、お分かりでしょうか?

 

 

既に頑張っているのに、頑張ることを強要されるとやはり自然体ではいられなく
なります。
例えば、自分を励ますために既に頑張っているのに「頑張れ!」と思いを込めて
やる気を出させる。
誰しもつい、やってしまいがちですがこれこそが、「頑張りすぎて、やがて
くじけてしまう、諦めてしまう」原因にもなります。

「頑張れ!」という言葉の意外な落とし穴とは…

では、「既に頑張っている人(自分自身を含む)に対して『頑張れ!』と言うこと」
の一体どこに、問題があるというのでしょうか?

 

 

頑張っている人に対して、ただの励ましや応援のつもりで何気なく言葉を
掛けるにしても、やはり「頑張れ!」と言われれば誰しも「更に頑張ろう!」と
思いますよね。

 

特に、目標を立てて突っ走っている最中や、やり遂げたい大きな夢がある時は
イメトレして高揚感も高まっているので、「やる気に満ちている状態」です。
こんな時に「頑張れ!」と言われれば、「よし、もっと頑張ろう!」と
思うのも、むしろ当然というものです。

 

 

しかし、人にはそれぞれ個性があるように、「個人個人の限界の幅」という
ものがあります。

 

つまり、「いくら頑張ろうと思ってもそれ以上頑張れない、その人の最大値」
ですね。
頑張れと言われた(言った)からには、頑張りたい。
でも、既に頑張っているのにこれ以上頑張ると、限界を超えてしまう。
…という状況ですね。

 

 

それでも、この「自分の限界値」が自分でわかっていれば問題ないのですが、
一方で「自分が、どこまで頑張れるのかわからない、わかっていない」
という人も、実は大勢おられます。

 

かくいう私も、かつてとあることで「一日8時間、毎日勉強」を強いていた
時期がありました。

 

 

もちろん、人によって限界の幅は異なるので、幅が広い人から見れば
「それがどうした」と、何でもないこともあるのだと思います。
しかし、私は違いました。

 

結果がどうなったかは、以下の記事でお伝えしています。
→効率よく能力を伸ばすには睡眠と休息が欠かせない

 

 

つまり、「頑張れ」という言葉の最大の罠は「限界を超えてまで、
頑張りすぎる恐れがある」という結論になります。

 

既に十分頑張っているからこそ、そして意欲を持ってアフィリエイトを学ぶ
向上心高いあなただからこそ、「頑張りすぎること」には気をつけたいですね。

自分に合ったやり方を早いうちに見つける

なるべくストレスを溜めない、そして頑張りすぎて、くじけそうになることを
避けるための明確な基準があるとすれば、
それは「今の自分の状態を知ること」です。

 

 

どういうことだか、お分かりでしょうか?
つまりは、「今の自分は疲れているか、そうでないか?」
「ちゃんと休憩しているか?『もうやりたくない!』と嫌になっていないか?」
を一つ一つ意識して、これに当てはまるようなら「一旦、作業をやめる」。

 

 

休憩を取れていなければ、当然疲れが溜まりますよね。
私たちは機械ではない「生身の、心を持った人間」だからこそ、睡眠や休息が
必要だし、心があるからこそ、同じく人の心を揺さぶる文章が書ける。
→コピーライティングをブログに取り入れれば稼げる理由

 

 

一方で、もうやりたくない!…と嫌になってしまえば、当然文章の質も落ちます。
なぜなら、そもそも「嫌々やっている」ので心に余裕がない状態な上、
そんな時に人の心を揺さぶる、読者の求める文章など書けるわけがないからです。

 

 

自分がつらい時やしんどい時に、自分にムチ打ってまで頑張りすぎるのは、
他ならない「自分に全然優しくない」状態ですよね。
考えてみてください。

 

人の気持ちのわかる、優しい心を持ったあなたなら、言われるまでもなく
理解していることかもしれませんが、そもそも
「自分に優しくできない人が、人に優しくできるわけがない」と思いませんか?

 

 

 

アクセサリ

 

 

 

つまり、「自分を思いやれない人(ないがしろにする人)に、他人を思いやる
文章など、書けるはずがない」。
他人も自分も、同じ「心を持った、人間」です。

 

だからこそ、まず自分に優しくする。そうすることで、心に余裕ができ人にも
優しく、思いやりある文章が書けることを、私も何度も実感してきました。

 

 

疲れたら、睡眠と休息を取る。
ちょっとリラックスする。おいしいものを食べる。

 

ごく単純な成功の法則ではありますが、意外と「疲れて、限界を超えてまで
頑張りすぎる」人が多いのも、今のこの国の現状です。

 

 

休憩し、リラックスすることでまた心にも身体にも余裕が戻りますし、
気分転換にもなり、それまでの嫌な気分も吹き飛ぶかもしれません。
すると、また集中して記事作成にも取り組めるので、結果的に効率よく
そして、読者の心を揺さぶる質の高い記事を量産することもできますよね。

 

 

成功するために、常に「今の自分の状態を知る」。
そして、知った上で「できる対策と対処を、一つ一つ焦らずに打っていく」。

 

一つしかない自分の身体と心だからこそ、大切に扱うことで余裕を持って、
最短での成功を手に入れたいところですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。