ストレスを溜めない。もうくじけなくなる2の考え方

自分の夢に向かって日々、コツコツ作業している時。

 

「よし、今日も頑張るぞ!」と朝には気合を入れて、机に向かいます。

 

 

ですが、一方でご存じでしょうか。

 

「取り組み方を間違えると、心が折れて失敗する原因にもなる」
…ということを。

 

 

せっかく見つけた夢だから、欲しい未来だから。

 

やるからには、絶対に成功させたい。
いや、必ず成功させてみせる。

 

 

そう思うのは、当然です。

 

誰だって、せっかく熱意を注げるものを見つけたのに、
途中で諦めて挫折するのだけは、防ぎたいもの。

 

 

だからこそ、「頑張ろう!」と気分が高揚している、今のうちに。

 

「間違えない、くじけない考え方」を知っておきましょう。

 

 

・くじけそうになるのは頑張り方を間違えているから?

・「頑張れ!」という言葉の意外な落とし穴とは…
・自分に合ったやり方を早いうちに見つける

くじけそうになるのは頑張り方を間違えているから?

何をするにも、「ついつい頑張りすぎる人」がいます。

 

例えばアフィリエイトも、「早く自由になりたい」、
「作業をたくさんこなしたほうが、早く自由になれるから」と、

 

自分の限界を超えてまで、頑張りすぎる。

 

あるいは、たくさん記事を書いて「早くステップアップしたいから」と、
やはり自分の限界を超えてまで、頑張りすぎる。

 

 

あなたは、こんな風にはなっていませんか?

 

もし心当たりがあるなら、注意すべきかもしれません。

 

 

日本人は、「頑張れ!(頑張る)」という言葉を、
好んで使う人が多いです。

 

 

やる気が出ない時、自分を励ましたい時。
そんな時に、「頑張れ!」と自分で自分に気合いを入れる。

 

あるいは、人が何かに挑戦している時、
同じく励ますために「頑張って!」と言う人は、多いもの。

 

 

確かに、「頑張れ」と言われれば、一種の活力ともなり、
ダレていた心を、引き締める効果もあるのは事実です。

 

人の声援が力になることも、ありますよね。

 

 

しかし、この「頑張れ」という言葉が、何かに向かって突き進む時、
思わぬ落とし穴になることを、あなたはご存じでしょうか?

 

 

というのも、やはり「頑張れ!」と言われる、あるいは自分を励ます時。

 

「自分を奮い立たせる効果」がある一方で、
「より、頑張りすぎてしまう」という恐れもあるのです。

 

 

つまり、「既に頑張っているのに、更に『頑張ること』を強要する」。

 

一体、どういうことだと思われますか?

 

 

 

マラソン

 

 

 

何も、「頑張ること」そのものを否定しているわけではありません。

 

 

確かに、言葉に励ましや活力を与える効果があるからこそ、
「頑張る」という言葉を、好んで使う人が多いのもうなずけます。

 

そもそも人を励ましたい時、何か声をかけたい時。

 

そんな時、「頑張れ!」以外に言葉がないから仕方なく、
代用の意味を込めて使っている…という場合も、ありますね。

 

 

少し、考えてもみてください。

 

例えば、親しい人がスポーツ競技をしている時。

 

応援として、あなたは「何か言葉をかけたい、励ましたい。
勝ってほしい」と思うことでしょう。

 

 

しかし、そこで「頑張れ」という言葉は使いたくないからと、
「ほどほどにね!」「無理しないでね」なんて言ったとします。

 

ですが、これらの言葉に「頑張れ!」ほどの効果が
期待できないのも、事実なのでした。

 

…どこか、応援としては言葉が「弱い」気がするものです。

 

 

つまり応援として、「頑張れ」という言葉が定着しており、
その言葉を受けたからこそ力を出せる、ということでしょうか。

 

ですので、このような場合に「頑張れ!」と応援するのは、
間違いとは言えません。

 

 

ですが、問題はやはり、
「既に頑張っている人に対して、『頑張れ』と言う時」でした。

 

もちろん、自分に対しての場合も含まれます。

 

「既に十分頑張っている」のに、更に「頑張ること」を強要される。
これの、果たして何が問題なのか。

 

あなたは、おわかりでしょうか?

 

 

既に頑張っているのに、頑張ることを強要されると、
やはり自然体ではいられなくなります。

 

例えば、自分を励ますために既に頑張っているのに、
「頑張れ!」と自分に言い聞かせて、やる気を出させる。

 

誰しもつい、やってしまいがちなことです。

 

 

しかしこれこそが、「頑張りすぎてくじけそうになる、
諦めてしまう」原因なのでした。

「頑張れ!」という言葉の意外な落とし穴とは…

では、「既に頑張っている人(自分自身を含む)に対して、
『頑張れ!』と言うこと」の一体どこに、問題があるのでしょうか?

 

 

頑張っている人に対して、ただの励ましや応援のつもりで、
言葉をかけるにしても。

 

やはり、「頑張れ!」と言われれば誰もが、
「更に頑張ろう!」と思うものです。

 

 

「よし!応援してくれてるんだから、もっと頑張らなきゃ」
「気持ちに、ちゃんと答えなきゃ…」

 

真面目で責任感ある人なら特に、
このように思ってしまいます。

 

 

そして、目標を立てて突っ走っている最中。
やり遂げたい大きな夢がある時。

 

そんな時は、高揚感も高まっているので、
「やる気に満ちている状態」と言えます。

 

こんな時に「頑張れ!」と言われれば、
「よし、もっと頑張ろう!」と思うのも、

 

むしろ当然というものですね。

 

 

しかし、人にはそれぞれ個性があるように、
「個人個人の限界の幅」というものがあります。

 

 

つまり、「いくら頑張ろうと思っても、
それ以上頑張れない、その人の最大値」ですね。

 

 

頑張れと言われた、言ったからには、頑張りたい気持ちはある。

 

でも、既に頑張っているのにこれ以上頑張ると、
限界を超えてしまう。…という状況ですね。

 

「自分に無理を強いている」ので、当然ストレスも溜まります。

 

 

それでも、「自分の限界値」が自分でわかっていれば、
問題ないのですが一方で。

 

「自分が、どこまで頑張れるのかわからない、わかっていない」
という人も、実は大勢います。

 

 

かくいう私も、かつてとあることで「一日8時間、毎日勉強」
を強いていた時期がありました。

 

 

もちろん、人によって限界の幅は異なるので、
人によっては「それがどうした」と、言われることかもしれません。

 

しかし、私は違ったようでした。

 

結果がどうなったかは、以下の記事でお伝えしています。

 

→効率よく成功する人が絶対に忘れない3つの習慣

 

 

つまり、「頑張れ」という言葉の最大の罠は、
「限界を超えてまで、頑張りすぎる恐れがある」
という結論になります。

 

 

ストレスを溜めないためには、
まず自分の限界値を正しく見極める必要があるようです。

 

次の項目で、ご説明していきますね。

 

 

そして、既に十分頑張っているからこそ、
意欲を持って突き進む最中だからこそ。

 

「頑張りすぎること」には、気をつけておきたいものです。

自分に合ったやり方を早いうちに見つける

もう、ストレスを溜めない。
そして頑張りすぎて、くじけそうになるのを避ける。

 

そのための明確な基準があります。
それは、「今の自分の状態を知ること」です。

 

 

どういうことだか、おわかりでしょうか?

 

 

つまりは、「今の自分は疲れているか、そうでないか?」

 

「ちゃんと休憩しているか?『もうやりたくない!』と嫌になっていないか?」

 

を一つ一つ意識して、これに当てはまるようなら「一旦、作業をやめる」

 

 

休憩を取れていなければ、当然疲れが溜まります。
無理をしているので、ストレスも溜まります。

 

私たちは機械ではない「生身の、心を持った人間」だからこそ、
休息が必要です。

 

心があるからこそ、同じく人の心を揺さぶる文章が書けるのです。

 

→コピーライティングをブログに使うと初心者も稼げる理由

 

 

一方で、もうやりたくない!…と嫌になってしまえば、
当然文章の質も落ちます。

 

なぜなら、そもそも「嫌々やっている」ので、心に余裕がないからです。

 

そして、そんな時に人の心を揺さぶる、
読者の求める文章など、絶対に書けるわけがないからです。

 

 

自分がつらい時に、自分にムチ打ってまで頑張りすぎるのは、
他ならない「自分に優しくない、自分を大事にしていない」状態です。

 

考えてみてください。

 

 

そもそもの話、
「自分に優しくできない人が、人に優しくできるわけがない」
…と思いませんか?

 

 

 

アクセサリ

 

 

 

つまり、「自分を思いやれない人に、他人を思いやる文章など、
書けるはずがない」のです。

 

他人も自分も、同じ「心を持った、人間」です。

 

 

だからこそ、まず自分に優しくする。

 

そうすることで、心に余裕ができます。

 

すると人にも優しく、思いやりある文章が書けることを、
私も何度も実感してきました。

 

 

疲れたら、睡眠と休息を取る。
ちょっとリラックスする。おいしいものを食べる。

 

 

それができれば、頑張りすぎることも、くじけそうになることもなくなり、
ストレスを溜めない、いつも清々しい気分の自分でいられます。

 

 

ごく単純なことではありますが、意外と
「疲れて、限界を超えてまで頑張りすぎる」人が多いのも、

 

今のこの国の現状と言えます。

 

 

休憩し、リラックスすることでまた、心にも身体にも余裕が戻ります。

 

すると気分転換になり、
それまでの嫌な気分も吹き飛ぶかもしれません。

 

そうすれば、また集中して記事作成にも取り組めるので、
結果的に効率よく。

 

そして、読者の心を揺さぶる、質の高い記事を量産することもできます。

 

 

成功するために、常に「今の自分の状態を知る」
そして、知った上で「できる対策と対処を、一つ一つ焦らずに行っていく」

 

 

疲れているなら、休む。
頑張りすぎているなら、「それ以上頑張らない」。

 

そして、心にも身体にも「ストレスを溜めない環境づくり」を意識する。

 

 

疲れたなら、少し休めばまだ、頑張れる時がくるんです。
だから、焦らなくても大丈夫。

 

 

一つしかない自分の身体と心だからこそ、大切に扱い。

 

そうして余裕を持って、一緒に最短で成功を手に入れましょう。

 

今だけ、お金や人間関係の悩みから解放される、限定メルマガ開催中。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

 

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。