誕生日が来るのが嫌いだった過去の自分

あなたは、ご自分の誕生日が来た時どんな風に思いますか?

 

特に何も感じないでしょうか? あるいは、成長できた自分が嬉しいでしょうか。
それとも、「また一つ歳を取ったからしっかりしなきゃ!」と思うでしょうか?
はたまた、「歳なんて取りたくない…」と思うかもしれませんね。

 

過去の私は、誕生日が来るのが嫌いでした。
しかし、今はそうではなくなったのでその理由をお話ししていこうと思います。

 

アフィリエイトを続ける上での重要なマインドの話にも関わってくるので、
一度さらっと見ておくと成長のきっかけになると思います。

 

 

・誕生日が来るのが嫌だった最大の理由とは?

・誕生日が来て歳を取ることが嫌でなくなった理由
・今の自分を受け入れることができれば成功に近づける

誕生日が来るのが嫌だった最大の理由とは?

子供の頃って、誕生日と聞くといいイメージを抱きがちですよね。

 

プレゼントをもらえたり、祝ってもらえたりと「特別行事」に思いがちですし、
誕生日で「歳を取ること」そのものより、「特別な日」として家族や
親しい間柄におめでとうと言ってもらえることが嬉しい。
あなたも、そうだったのではありませんか?

 

しかし、子供の頃は私も楽しみで嬉しかったのですが、歳を取るにつれ、
身体が成長していくにつれて誕生日が嫌になっていました。

 

 

あなたは、ご自分が誕生日を迎えることが嬉しいでしょうか、嫌でしょうか。
もし後者なら、当時の私の「誕生日が嫌だった」という理由も、
何となく察しがつくかもしれませんね。

 

私が「誕生日が嫌」だと思い始めたのは、十代後半の頃からでした。

 

 

今思い返してみると、恐らく「引きこもった当初」辺りから誕生日を
迎えることが嫌になっていったのだと思いますが、
その理由について「なぜだろう?」と、少し考えてみました。

 

誕生日そのものが嫌、というわけではなく「歳を取ることが嫌」だと
いうことは、薄々気づいていたのですがその理由については
あまり考えたくなかったため、当時から考えないようにしていました。

 

 

 

コスモス

 

 

 

誕生日を迎えて、歳を取ることが嫌だった最大の理由。それは、
「老いる」ことなどの身体面の変化ではなく(何せ当時十代後半です)、

 

「外見と等しく、中身も成長できている気がしない自分」を見るのが嫌だった、
というのが最大の理由だと気づきました。

 

 

要するに、「歳ばっかり取って、精神面は何も変わってないんじゃないか?」
「成長できてない、子供の頃と同じ状態なんじゃないか?」と思うと
「歳を取ること」そのものが嫌で嫌で、仕方がなかったんですね。

 

当時の私は、「いつまでも子供でいたい!」とずっと思っていました。
歳を取って、大人になっていく自分を「受け入れられなかった」んですね。
よくある、「ピーターパン症候群」というやつです。

 

 

引きこもって、何も得るものがない時間を過ごしているだけの中で、
自分の「内面を成長させること」から逃げ続けていました。

 

だからこそ、誕生日が来て「数値で一年プラスされた自分自身」に直面するのが
嫌で、しかし「外見に伴って中身も成長しよう」という意欲は生まれず、
ただ現実の「歳を取ること」から逃げていた。

 

恥ずかしながら、それが当時の私でした。

誕生日が来て歳を取ることが嫌でなくなった理由

今はもう、誕生日を迎えて「歳を取ること」は嫌ではなくなりました。
(29から30になった時はさすがにちょっと嫌でしたが…)

 

では、なぜ誕生日を迎えて歳を取っても、そのこと自体が嫌でなくなったのか?

 

それはやはり、「今の自分を受け入れることができた」からです。

 

 

昔は、引きこもって何もしようとしないどころか、そもそも「引きこもっている
自分、ニートである自分」を受け入れられず、心のどこかでずっと
「こんなはずじゃなかった…」という思いを抱えて苦しんでいました。

 

昔の私は、「歳を取ること」と「今の自分の状況」を受け入れることができずに
赤ちゃんの頃や子供の頃の写真を見ては思いを馳せて、「あの頃は…」と、
もう二度と戻れない過去のことばかり思い返していたように思います。

 

 

つまり、現実を見る勇気がないから過去ばかり見て、その頃の自分の
「楽しかった、充実していた喜び」をいつまでも噛み締めていた、
というわけですね。

 

 

 

ふじ

 

 

 

当時の私は「現実の、何もできていない自分」を到底受け入れることが
できなかったので、そうやって「過去」に逃げ続けていたのだと思います。

 

そして、今「誕生日を迎えることが嫌でなくなった」最大の理由は、
「今の自分の状態を丸ごと受け入れられるようになった」からです。

 

 

どういうことだか、お分かりでしょうか? 詳しくお話ししていきますね。

 

つまり、過去の栄光や思い出にばかりしがみ付いて一向に
「現在や未来を見ようとしなかった」私ですが、
引きこもった10年の間に私なりに学ぶこと、成長する機会を持ったことにより

 

いつの間にか、「今の自分の状況をまるごと、受け入れることができていた」
ということです。

 

 

やはり、受け入れられずに前には進めません。

 

今の自分の状況を「見たくもない」と思っていれば、どうしてもかつての
私のように「過去のこと」にばかり目を向けますし
(未来は、現在の先にあるものなので「自分を受け入れられない状態」だと、
やはり過去に目が行きがちです)

 

「今の自分を受け入れられない」ということは、つまり「自分を認めていない」
ので、これから成長していける可能性もなくなってしまいます。
どういうことでしょうか?

自分の状況を受け入れることができれば成功に近づける

「自分を認めていない」とは、今の自分の状況に不満を感じたりして
「満足していない」ということですね。

 

例えば、何にしても「私が本気出せば、もっとうまくできるはず…」と思う場合。

 

そう思うのは一見向上心があり、どんどん伸びていけるようにも思いますが
実際、「今の自分の力量を認められていない」ということにもなります。

 

 

「現状に満足していない」からこそ、これから先もっと伸びていける、とも
取ることはできますが、同時に「満足していない」からこそ「今の自分を
素直に受け入れられない、認められない」とも言えます。

 

人が、前向きに成長していける時というのは「自分の状況をまるごと認め、
受け入れられた時」です。

 

 

例えば、私で言えば十代後半〜しばらくの頃は、「自分の状況(ニート、
ひきこもり、働いていないことなど)を認めることができていなかった」ので、
過去の「レールに沿って生きていた頃の自分」を思い返してばかりでした。

 

現在を受け入れることができず、過去にばかり目が向いているので当然、
その頃の私が「未来に向かって前向きに進むこと」はできていませんでした。

 

→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時

 

その日一日を楽しく精いっぱい過ごすどころか、「明日なんて来なければいい」
といつでも後ろ向きで、ネガティブな思考だったのを覚えています。

 

 

 

アガパンサス

 

 

 

つまり、当時の私は「ひきこもり、ニート、働いていない」というただの事例に
囚われて、自分で自分をがんじがらめにしていたんですね。

 

社会のレールに沿って生きていたからこそ、急に転落した自分を責めてその状態を
「悪」だと勝手に決めつけ、そこから「どうすれば前に進めるのか?」を
考えようともせず、ただ自分の人生に諦めをつけて「過去」ばかり見ていた。

 

それもこれも、やはり「自分の今の状況を受け入れられていなかったから」です。

 

 

今の私は、自分のことを不幸だと思っていませんしむしろ、「社会のレールから
外れることができてよかった、私は幸せだ」とすら思っています。

 

でなければ、そもそも「働かずに稼ぐことで自由に暮らしていきたい」とは考えも
しなかったでしょうし、そうなるとアフィリエイトの可能性にも気づくことはなかった。

 

 

人と違う人生を歩んだからこそ、人と違う道を見つけ自分の「本当に望む道」を
自分の力で、見つけることができたんです。

 

そう思うと、決して引きこもったこともニートになったことも「悪」などでは
ありませんし、むしろ私を劇的に成長させてくれるいい「薬」ですらあったと、
今は心の底から思っています。

 

 

今の自分の状況を受け入れる最大のキモは、「ひきこもりやニート」といった
「状況そのもの」を、悪だと決めつけないことです。
つまり、「どんな状況にあっても、自分は成長できるし幸せになれるんだ!」と
心から信じること。

 

それさえできれば、あなたが今後「現状が受け入れられずに、過去に囚われる」
こともなくなり、必ず成長していけます。
私も、そのことに今気づくことができて良かったと心から実感しています。

 

以下の記事も、参考にどうぞ。
→引きこもりもニートもフリーターも幸せになっていい
→ニートや引きこもりだからと罪悪感を持つ必要はない

 

 

今の自分を受け入れ、認めて初めて前に向かって進むことができる。

 

前向きに進むことができれば、アフィリエイトでも簡単にはくじけなくなりますし
自分の理想の未来「働かずに自由に暮らせる」ことを信じて、
日々一歩ずつ成功への道を進むことができるようになります。

 

→成功するには正しくマインドをセットする必要がある

 

 

一緒に、ゆっくりとでも理想の未来を手に入れるため日々精進していきませんか?
今、前を向いて進み出す道を選べたあなたですから、必ずそれができるはずです。

 

最短で自由になるためにも、以下の記事も参考に読んでみてくださいね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。