楽しい一日だったと思える日を増やすには…

最近、寝る前に一日を振り返ってみた時。
「今日も楽しい一日だった」と思えることが、ほとんどになりました。

 

 

なぜ、そうなったのか?
少し考えて、思い当たることを見つけてみました。

 

 

昔は、何をしても後悔していた気がするのに、一転。
何をしても楽しく過ごせるようになった、その理由。

 

 

なるべくストレスなく、アフィリエイトも楽しく進めるために。
考え方…すなわちマインドセットは、非常に重要になってきます。

 

→成功するには正しくマインドをセットする必要がある

 

 

・ストレスは気の持ちようで溜めない人になれる?

・いい一日は「精一杯生きる」ことで勝手に出来上がる
・毎日幸せに暮らすために必要なこと

ストレスは気の持ちようで溜めない人になれる?

昔の私は、「何をやっても楽しくない」と思うことが多かったです。
具体的に、どの時期かというとやはり「引きこもった当初」でしょうか。

 

→プロフィール

 

 

何をしても、楽しくない。
というより、そもそも「何かをする気が起きない」。

 

 

自分の人生に絶望し、勝手に終わりだと決めつけていた頃。
働けない自分に、道はない…と一人苦しみに打ちひしがれていた頃。

 

 

その時は、「何をやっても、無駄なんだ」と勝手に諦めていました。

 

学校に行けないで離脱した時。
働けないで、社会のレールから転落した時。

 

 

そんな私には「価値などない」と思っていましたし、
実際周りにも散々責められた。
そして、自分で自分をこれでもかと激しく責めました。

 

 

どん底の心の状態で、「物事を楽しめる意識」が出てくるはずもない。
当時の私は、ずっと「楽しもうとしない」状態だったと、今になって思います。

 

 

つまり、価値のない自分には「物事を楽しむ権利もない」と思っていた。

 

今でこそ、働くことや学校に行くことなどで人の価値は決まらない…
と思っています。

 

→好きなことをすることで嫌われることを恐れない

 

 

ですが、当時は「周りの評価」「国や社会の風潮」が全てだった。

 

→「もう仕事したくない」と思ったから働くのをやめた話

 

 

だからこそ、ずっと毎日「できない自分」にストレスを溜めて。
気分悪く、満たされない気持ちで過ごしていた記憶は、
ずっと残っています。

 

 

しかし、あなたはご存じでしょうか?
ストレスは、「自分が作り出すもの」。

 

気の持ちよう一つで、ストレスを溜めない人間にもなれるんです。

いい一日は「精一杯生きる」ことで勝手に出来上がる

昔は、自分に「楽しむ権利はない」と思っていた。
周りから散々責められ、自分で自分を責めて。

 

 

「学校に行けない、働けない自分はダメな奴」と国や社会により、
思い込まされていた私はずっと、「働いていないんだから、楽しんではいけない」
となぜか決めつけていた。

 

 

せっかく、同じ時を過ごすのなら、
「楽しく」過ごしたほうがいいに決まっているのに。

 

それなのに、なぜか自分で自分に「苦しむこと」を強要していた。
まるで、それが自分に対する罰だとでも言うように。

 

あなたにも、このような経験がおありかもしれませんね。

 

 

人と同じようにできない自分に、楽しむ権利はない。
社会不適合者として、人の役に立てていない自分に価値はない。

 

 

こんな風に思ってしまうのは、やはり今の国や社会の風潮が大きいです。

 

そして、周りを見れば「みんな働いている」からこそ。
私たちは、それができない自分自身を責めてしまうのだと思います。

 

 

みんなやってるのに。
当たり前にできてるのに、自分はできない。
…という風に。

 

 

周りが、みんな「働いている」だけに。
誰にもわかってもらえない、つい一人で抱え込んでしまう悩みです。

 

 

しかし、考えてみれば「みんなやってるから」といって、
自分もできなければいけない理由はない。

 

そして、仮に「みんなやってること」ができないとしても。

 

それでも、「じゃあ、みんながやっていないことをしよう」
と行動することはできる…と気づきました。

 

 

つまり、「働くこと」ができない、したくないのなら「働かずに稼ぐ」
道を選ぶ、ということですね。

 

→「働きたくない」なら、本気で自由になれる方法を探す

 

 

そう決めて、実際に「働かずに稼ぐには、どうすればいいか?」を考えて。
自分の手で、一日一日を精一杯生きることができるようになった頃。

 

気づいたら、勝手に「今日も楽しい一日だった」
と思える日がほとんどになっていました。

毎日幸せに暮らすために必要なこと

やはり、意識一つで人間は毎日を苦しくも、
楽しくも過ごせるのだと身に沁みて実感しています。

 

 

というのも、「働くこと」に囚われて。
それができずに、自分を責めてばかりで前に進めなかった頃には。

 

私は、自分は「幸せになるべきでない」とずっと思っていましたし、
実際に毎日何の挑戦もなく、刺激のない日々をただ過ごしていました。

 

 

ですが、それが一転。
「働くこと」に囚われなくなった頃。

 

つまり、「働いてなくても、楽しんでいいし働いてないからと、
人の価値は決して下がらない」ということに気づいた後ですね。

 

 

一番大きく変わったのは、やはり「考え方」でした。
毎日を「楽しんではいけない」と思いながらつらく過ごしていた頃。

 

そこから、意識を変えることで「今日一日を楽しく、精いっぱい過ごそう」
と自然と思えるようになっていました。

 

 

なぜ、そうなったのか?
それは、やはり「自分を責める必要はない」ことに気づいたからです。

 

 

責めても、前には進めない。
状況が変わるわけではない。

 

 

考えてもみてください。
自分で、できない自分を責めたからといって。

 

「働けない」なら、責めて「働けるようになるか?」と言われれば、
それは当然NOですよね。

 

 

つまり、「責める」時間を「行動する」時間に変えた、ということですね。
そのきっかけが、意識を変えることにありました。

 

 

学校に行ってなくても、働いてなくても。
人と同じようにできなくても、そんな自分でもいい。

 

 

むしろ、人と違う道を自分の意志で選べたということは、
一つの大きなチャンスでもある。

 

そのチャンスを活かして、
自分の手で自分の未来を切り開くことだってできる。

 

 

 

チャンス

 

 

 

働きたくないなら、そこで諦めてしまうのではなく。
では、働かずに生きていくにはどうすればいいか? を考えて、実行する。

 

そのための道が、探せばある。

 

 

毎日を、楽しく過ごせるようになったきっかけはやはり、
「今の自分が、したいこと」を見つけられたお陰だとも思っています。

 

 

「アフィリエイトで、働かずに自由に暮らせる未来を手に入れる!」

 

その強い意志が、毎日の生活の張り合いにもなり。
多少つらい時でも、前を向いて進める大きな原動力となっています。

 

 

やはり、人間は何か「目的意識」があれば、
それだけで張り合いができるもの。

 

毎日を、何の目標も目的もなく。
ただ、漠然と過ごしていてもつまらないとも思いがちです。

 

 

なぜなら、そこに「何かを成し遂げたい」という張り合いがないので、
「どこに向かって進めばいいかわからない」ために、
情熱を向ける対象がないからですね。

 

 

何か一つでも。
そして、例え小さなことでも。

 

「これを、心の底からやりたい!」という強い情熱と意欲が、
私たちの生活のハリになってくれます。

 

 

そして、そのためにまずは「したいこと」を日々少しずつでも。

 

探してみるのが、毎日を張り合いを持って暮らす賢明な方法だと、
私は自分の経験から、強く思いました。

 

 

今は、挑戦してこそ張り合いの生まれる人生だと、そう思っています。

 

だからこそ、アフィリエイトにも精いっぱい向き合い。
そして、自由になれた先に待つ「したいこと」を今から、思う存分夢想して。

 

 

「挑戦して、どんどん能力を伸ばす自分」をイメトレして、
意欲や情熱を保ち続けるための意識も、持っておきたいと思います。

 

 

今日が来たなら、今日だけ。
今だけを見て楽しむ意識。

 

それが、結果的に「今すぐ幸せになる」最善の方法だと、そう言えそうです。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

りうるが全精力を尽くして作り上げた、ここでしか手に入らない貴重な無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。