辛い時に誰かに相談するのも成功の秘訣

たった一人で何かを始める時、うまく進めているのかわからない時。
誰だって、不安になると弱気にもなりますよね。

 

今回は、そんな時「一人で抱え込まずに相談してみませんか?」というお話です。
気持ちを軽くすることは、ビジネスでも成功することに繋がります。

 

ほんの2、3分だけお付き合いください。

 

 

・辛い気持ちを一人で抱え込むと非効率になる

・思い切って誰かに「相談してみる」と、気持ちが楽になる
・成功する人は「何でも一人で解決できる人」ではない

辛い気持ちを一人で抱え込むと非効率になる

あなたは、何か一人でつらい思いを抱えていたり、悩み事があったりする時
誰かに相談しますか?

 

もしかすると、「相談できる人がいない」「うまく相談できるかわからない」と
尻込みして、一人で全て抱え込んでしまっているかもしれませんね。
あるいは、「相談なんて、時間のムダ」と割り切ってしまっているでしょうか。

 

 

確かに、誰かに何かを相談することでその悩みが「完全に解決する」わけでは
ありませんよね。
それに、「相談ごとを人に持ち掛けたくない…」という、ためらう気持ちも
私もかつてずっと持っていたので、よくわかります。

 

ましてや、口下手だったりすれば「誰に何を、どう話せばいいだろう…」と悩み、
結局相談できずに一人で苦しむことにもなりがちです。

 

 

しかし、人に何かを相談せず、ずっとモヤモヤした気持ちを一人で
抱え込んでいると、次第に気分が後ろ向きになってきますよね?

 

嫌な思い、抱えたくない悩み事を気にすれば気にするほど、頭を悩まされる
羽目になるので、気分が沈んでしまって当たり前です。

 

 

 

波

 

 

 

悩み事があっても、「それはそれ、これはこれ」とうまく割り切ってしまえれば
いいのですが、そう簡単にいけば毎度悩んだりしませんよね?
頭ではわかっていても、感情をうまく制御できないのが、私たち人間です。

 

動物と違って、繊細で傷つきやすい心があるからこそ、私たちは思い煩うし
悩み事をいつまでも引きずってしまうのかもしれませんね。

 

 

ましてや、「誰にも相談できない自分」を一度でも自覚してしまうと、そのことが
またつらいですし更に気分が落ち込む原因にもなりますね。

 

一人で悩み事を抱えることは、「たった一人で大きな荷物を運び込むこと」に
どこか似ています。
勇気を出して人を頼って運ぶことをお願いしてみれば、恐らく大抵の人が快く
引き受けてくれるはずです。

 

 

それがわかっているのに、なかなか切り出せないのは、あなたの中にやはり
「誰かに迷惑を掛けたくない、頼ってはいけない」という人を思いやる、
優しい気持ちがあるせいではないでしょうか?

 

人に頼ることは、何も悪いことではありません。
私たちは心を持った人間だからこそ、前向きな時もあれば後ろ向きな時も
あるんですよね。

 

当然、私にも落ち込むことも、卑屈でナイーブになることもあります。
今も、正直な話「本当にこれでいいのかな…」と道筋を迷うこともあります。

 

 

一人で100個の荷物を運ぶのは、とても骨が折れます。
しかし、あなたが意を決してたった一人にでも「手伝ってほしい」と言えれば
その負担はたちまち半分になります。

 

同じように、あなたの悩み事も「相談してほしい」と、あなたのことをずっと
待っている人が世の中にはいるかもしれません。
人は、誰しも「頼られることを嬉しいと感じる」面があります。

思い切って誰かに「相談してみる」と、気持ちが楽になる

私も、昔は誰にも相談できずに「悩み事を一人で抱える」タイプの人間でした。
「どうせ言ってもムダ」だと決めつけていたし、
そもそも人に「何かを頼る」度胸が無かったせいで、最初から諦めていました。

 

頼み事ばかりして、人任せの人は確かに嫌われてしまうこともあるでしょうが、
逆に「人に全く頼らない人」というのは、周りも淋しくなるものです。

 

 

「あの人、なんでも一人でしようとするけど、そんなに人に頼るのが嫌なのか…」
「私たちじゃ、力になれないのかな?」というふうに、
「頼ってもらえないこと」から、その人に対して距離を感じ、いつまでも
分厚い壁を感じるせいで心の距離を縮めることもできません。

 

人は「好意的に話しかけてくれる人、寄ってきてくれる人」に好印象を持ちます。

 

 

少し、考えてもみてください。
あなたも、人と接する時には「気を遣って、遠慮しきりの人」よりも
「無遠慮だけど、気さくでフレンドリーに話しかけてくれる人」のほうが
どこか、好感を持った経験があるのではないでしょうか?

 

 

 

犬とクッション

 

 

 

相談する、ということはその人に「頼る」ということです。
頼る、というのはつまり「あなたを頼りにするよ」、ということですね。

 

上でも言いましたが、人は誰かに「頼りにされる」と嬉しく思います。
自分が頼られていると、悪い気分はしませんし逆に避けられ、なんでも一人で
解決しようとする人を見ると、距離を感じて淋しくもなりますね。

 

 

「私では、そんなに頼りないんだろうか」「信じてくれないんだろうか…」と、
どこか卑屈な気持ちすら生まれますし、なかなか頼ってくれない相手に対して
不信感すら生まれます。

 

確かに、人に何かを相談するのには勇気がいりますよね。

 

 

うまく受け入れてもらえなかったら…、と思うと尻込みもしますし、
「そんなことで悩んでいるのか」と真剣に聞いてもらえなかったらどうしよう…と
不安になる気持ちも、よくわかります。

 

しかし、それでもあなたが誰かに「悩み事を話す」ことで、例え解決はしなくても
あなたの気持ちが「楽になる」のはまぎれもない、事実です。

 

 

なぜだか、人のことを気遣える心の優しいあなたですからもうおわかりですよね。

 

そう、あなたが人に「悩みを話す」ことで、あなたがずっと一人で
背負っていた、肩の荷を降ろすことができるからです。

 

人に話すと、すっきりする。解決はしなくても、話しただけで気分が落ち着く。
その理由は、誰かに「話を聞いてもらう」ことで、一人だけの「秘密の悩み」を
一人で抱え込まずによくなり、気分が楽になるからですね。

成功する人は「何でも一人で解決できる人」ではない

一方で、あなたはこのように思うかもしれません。

 

「悩み事を話す側は、気持ちが楽になるのはわかったけど、聞かされる側には
悩みを余分に背負わせることになったんじゃないの?」と。

 

 

確かに、あなたに真剣に悩み事を相談されれば、相談を受けたほうも恐らく
笑い飛ばすことなどせず、真剣に受け止めてくれるでしょう。

 

だからこそ、悩みを相談する時には「申し訳ない」と思い、「私の悩みを人に
背負わせたくない」と思いやれる誰より優しい気持ちがあるからこそ、
あなたは悩みをなかなか人に話せないのかもしれませんね。

 

 

ですが、少し考えてみてほしいことがあります。
それは、「あなたの悩み事は、あなたの悩みであって聞き手の悩みではない」
ということ。

 

つまり、あなたの悩みを聞いた相手は「あなたとは違う物事の受け止め方をする
可能性がある」ということですね。
人の悩みに重いだの軽いだのはありませんが、人によって「受け止め方が違う」
のは事実です。

 

 

もしかすると、あなたの相談相手は自分の悩みでないからこそ「客観的に
判断できる冷静さ」を持っていて、的確な解決策を教えてくれるかも
しれません。
そしてそれは、あなたが考えつきもしなかったことの可能性もありますね。

 

 

 

黄色い花

 

 

 

結果、どうなるかお分かりでしょうか?
あなたはその「思いがけない解決法」を知ったお陰で、今までずっと
一人で抱えていた悩みは、綺麗さっぱり解決するかもしれない。

 

一方で、あなたに「頼ってもらえた相手」は、今まであなたとどういう関係
だったにしろ、今回のことがこれからますます
あなたとのいい関係を築くきっかけにもなります。

 

 

人は、自分のことを「信頼してもらえている」と思った時に相手に心を許します。
つまり、あなたがまず心を開いて相手を「信頼する、頼る」ことでこそ、
相手もまたあなたのことを「信じてくれるし、更に良好な関係を築ける」。

 

ネットビジネスでも成功する人というのは、「自分を偽らず、助けてほしい
時には素直に助けを求められる人」なんですね。

 

 

変に気取ったり、カッコつけたり自分を偽ったりしていないからこそ、
素直で心地よい人柄が、純粋ににじみ出る。
自分を飾るためのプライドが最初からないからこそ、気取る必要もなく人に対して
「素直に、助けを求める自分」「心を開く自分」を表現できる。

 

そして、相手は「心を開いて頼ってもらえるからこそ」その人を信頼できるし、
「助けてあげたい」とも思い、その人の力になろうとする。
お分かりでしょうか?

 

 

人は、「完璧で、非の打ち所のない人」に憧れて寄ってくるのではありません。
「人間味あふれる、気取らず自分をありのまま表現する人」に興味を引かれ、
やがてその人のとりこになるんです。

 

完璧でないからこそ、助けたい、力になりたいと思う。
自分を信じて頼ってきてくれるからこそ、こちらも手助けしたいと思う。
自分を隠して、人を信用しようとしない人に誰が心を開きたいと思うでしょうか?

 

 

成功する人は、「他人を信じて、素直に頼れる人間味のある人」です。
頼る人は、何も身近な人でなくても「ネット上で魅力を感じた人」や
「昨日今日知ったばかりだけど、頼ってみたいと思える人」も大いにアリです。

 

「人を疑うよりも、まず自分から信じてみる」
これができる人こそ、記事でも心を揺さぶる文章を書けやがて成功する人です。

 

 

私も、今まで一人で抱えていたことを身近な人に頼れるようになりましたし、
ネット上でも素直で心を開いたお便りのやり取りができるようになりました。

 

「人が何をしてくれるかではなく、まず自分に何ができるか」
この意識を忘れずに、日々謙虚な気持ちを持ってビジネスでもやがて大きく
成功できるよう、お互いに精進していきたいですね。

 

アフィリエイトマインドの参考に、以下の記事も読んでみてください。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。