やるべきことを着実にこなす人間になるために

ニートや引きこもりでいると、世間の休みは関係ありません。

 

ですが、お正月などはやはり世の中そのものがウキウキしていますから、
釣られてこちらもそんな気分になることはあります。

 

 

人が休みの時にも、影響されずやるべきことをこなすために。
同じように、ダレてサボり癖がつかないためにも。

 

 

できる対策は、積極的に取り入れたいものです。

 

 

・人は人、自分は自分、の意識を持つ

・人に流されることを意図的になくす方法とは?
・悪影響は流し、プラスの影響を積極的に取り入れる

人は人、自分は自分、の意識を持つ

例えば、私も普段は人が休みであろうが、
関係なく自分の「やるべきこと」をやる意識を持ってこなしています。

 

 

人間は、周囲の環境にすぐに影響される生き物。
他の人が、すぐ近くでテレビなど見ていようものなら。

 

自分も、ついついやるべきことを放って見てしまうこと、ありますよね。

 

 

特に、楽しそうな番組をやっていれば興味を惹かれますし、
例えば記事を書かなくちゃ…と思うのに、一度腰を落ち着けたりするともう、
「今日はいいか」ともなりがちです。

 

 

お正月の雰囲気にしても。

 

いくら、あまり関係がないからといっても、
やはり普段と違う独特の雰囲気に、こちらもソワソワするもの。

 

 

特に、三が日などはうちの家族も仕事休みで一日中寝ているので、
そんな時は私も釣られてダラけてしまいそうにもなります。

 

 

現に、普段やる洗濯をしなかったり…と、
そういった些細な「お休み」は取っています。

 

 

ですが、やはりアフィリエイトは「最初は、大量作業が鍵」のビジネス。

 

早く自由になりたいからこそ、
私たちにとって効率的なのは「メリハリをつける」こと。

 

 

つまり、やる時にはやるべきことを着実にこなし。

 

その後、しっかり休息をとるのが、成功するための法則です。

 

→「ちょうどいい」を見極める。全力で取り組むと未来が変わる

 

 

だからこそ、正月だ…ゴールデンウィークだ…世間がのんびりムードだ…
と、釣られてこちらも同じムードにならないために。

 

必要なのは、「人は人、自分は自分」の意識を持つことです。

 

 

一体、どういうことでしょうか?

人に流されることを意図的になくす方法とは?

確かに、お正月でも関係ない…と「全く普段通りに」過ごすのは、
少し極端で寂しい思いもありますね。

 

 

おせちやお雑煮を食べて、特番を見て。
…と、やるべきことを終えた後にのんびり時間を取ったり。

 

あるいは、「今日はお正月だから、たまには休もう」と割り切って、
一日ゆったり過ごすのもいいかもしれません。

 

 

しかし、問題は「世間や、周りのムードに押し流される」ことにありました。

 

つまり、世間が休みだからと自分もついつい、
「やるべきこと」をほっぽり出してサボってしまう。

 

これだと、後々「しまった、ついサボってしまった」と後悔もしがちです。

 

 

自分で、「今日は休み」と納得した上で休んでいるなら、
何も問題はありません。

 

なぜなら、最初から「休み」と決めて受け入れているので、
満喫する意識が芽生えるからですね。

 

 

つまり、「予定外のこと」でないために「計画的に」動けているなら、
メリハリもつき自然と活気あるサイクルにもなるはずです。

 

 

私も、実は一昔前まで世間や、
周りの休みに流されて「頑張りたい」と思っている時にも。

 

「まあいいか」と、
やるべきことができず後になって後悔することがありました。

 

 

やはり、それだけ「人の影響」とは強い力があります。

 

周りが頑張ってるなら、自分も頑張ろうと意欲がわく。

 

反対に、だらけている人を見ると影響されて、
どこかやる気がなくなる。

 

 

人の悪影響を流すためには、
まず「ダレそうになったら、その人から離れる」
ことが最も有効だと、経験上思いました。

 

 

つまり、興味あるテレビを見ている人がいても。

 

やるべきことがある時は、例えば「録画していて、後から見る」。
あるいは、「今は無理だから」と一旦、物理的に距離を置く。

 

 

離れれば、影響を受ける可能性がグンと減ります。
釣られるのは、やはり一緒にいるから。

 

だったら、
影響を受けないために「自分から距離を置く」のが最善です。

悪影響は流し、プラスの影響を積極的に取り入れる

これは、人に限らず物に対しても同じことが言えます。
例えば、上記の「興味を惹くテレビ」の場合。

 

 

ついつい、やるべきことがある時にも興味を惹く番組があれば、
そちらに目移りしてしまいがちですよね。

 

そんな時には、自分で振り切る意識が必要です。

 

 

つまり、「後でいくらでも見れるから、今はいいや」
と気持ちを切り替える。

 

例え、見たかったとしてもやはりサッと録画しておけば、
後でも見られます。

 

 

録画ができない、今すぐどうしても見たい!

 

…なんて場合は、いっそ見るのも「気になる要素を排除する」
意味では有効ですが、
やはり後々後悔するのは避けたいものです。

 

 

読みたい本、漫画。
したいゲーム、ネット、興味のあること。

 

これらは、まず「やるべきこと」をこなした後に、
改めて取り掛かるのでも決して遅くありません。

 

 

読みたい、見たい!…と思っても、
焦らなくてもテレビも本もどこにも逃げませんよね。

 

録画して、じっくり見られることを思うとむしろ「よし、頑張ろう!」
と意欲もわいてくるのではないでしょうか。

 

 

 

ワンセグ

 

 

 

「予定外のこと」を防ぐ意味でも、
やるべきことは一日の最初にやっておくと、経験上吉と言えます。

 

→気持ちの切り替えをマスターする方法。やるべきことは○○に

 

 

なぜなら、やはり生きていれば「思わぬこと」には意外と遭遇するもの。
例えば、予定外の頼まれごとやトラブルなど。

 

 

もし起こるとするなら、やはり「予定外に、時間が無くなった!」
と嘆く可能性を無くす意味でも。

 

やるべきことは、なるべく一日の始めに済ませて、
ゆったりしたいですね。

 

 

ダレている人を見れば、やはり同じようにこちらもダレてしまいます。
反対に、頑張ってる人を見ればこちらもやる気が出るもの。

 

 

偉人の、名言や格言などを聞くと、
あなたもやる気が出るのではないでしょうか?

 

今、つらくても頑張ってる人からは、活力を与えてもらえますよね。

 

→やる気がない時に意欲を高める2つの意識

 

 

マイナスの影響は、
意図的に流すと自分を保って「やるべきこと」もできます。

 

一方で、プラスになりそうなことは積極的に取り入れると、
こちらもあなたのエネルギーとなり、意欲にもなります。

 

 

つまり、「今、自分に必要ないもの」は徹底的に排除する。
あるいは離れる。

 

そして、「今、必要なもの」は取り入れる意識が、私たちの成長をより、
効率的にサポートしてくれるのだと思います。

 

 

健康食品や、サプリメントも同じですよね。

 

「身体に悪いもの」はなるべく摂りたくないし、
「身体にいいもの」は積極的に取り入れたい。

 

 

そのための工夫も、
成功するために必要な考え方だとそう思います。

 

人に流されず、自分をしっかり持つためにも普段から、
「やるべきことをする時には、着実にこなす」強い意識を持ちたいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。