良い文章の書き方を習得するには?

こんにちは、りうるです。

 

ブログで言う「良い文章」とは、小説家や作家のような綺麗で難しい文章、
という意味ではありません。

 

 

良い文章の書き方を早めに学び、仕組みづくりを着実に完成させるためにも
「ブログでの文章の書き方」を今のうちに学んでおきましょう。

 

 

・ブログでの「良い文章」とは「読みやすい文章」

・良い文章の書き方に精神状態が関係してくる理由
・前向きでいられれば、自然と文章の質も上がってくる

ブログでの「良い文章」とは「読みやすい文章」

私たちが個人のブログで目指していくのは、
「働かずにお金を稼げるようになり、生活していくこと」です。
そのためにブログで反応や成約を取り、読者との信頼関係を築いて
「感謝されるビジネス」を行っていく必要があります。

 

 

読者の役に立つ情報、読者が前向きに過ごせる方法を積極的に発信
すれば、それは結果的に読者の悩みを解決することに繋がりますね。

 

なんの変哲もない、日記のような文章を読んでも読者はつまらないどころか、
一ミリも自分の人生に変化を及ぼすことはできません。

 

しかし、ひとたびあなたが「信念を込めて、役に立つ情報を提供する」と
それは、悩める読者の心を軽くしたり、解決策となったり読者に
「良い影響」を与えることができます。

 

 

こんな言い方をすると、少しおこがましい気もしてしまいますが実際に、
常に読者の「役に立ちたい、心を軽くし寄り添いたい!」という思いで
文章をつづると、自然と心を動かす記事が書けるようになってきます。

 

そして、ブログでの「良い文章」とは「心を動かす文章」であり、
表面的なもので言えば「わかりやすい文章、読みやすい文章」です。

 

どういうことか、お分かりでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

 

 

 

飛び込み台

 

 

 

わかりやすい文章、読みやすい文章。
それは、「一度読めばすぐに理解できる簡単な言い回し」、
「難しい言葉を使わず、小学生でも理解できるやさしい文章」です。

 

作家や小説家なら、難しい言葉を使って読み手を感心させたり、
一度見ただけでは書けない複雑な漢字を使って、高度な文章を
書く必要もあるかもしれません。

 

 

しかし、やはり私たちがブログで目指すのは、
「文章で読者の心を動かし、働かずに稼ぐ生活をしていくこと」です。

 

つまり、その過程で「難しい文章」や「複雑な言い回し」など必要ない、
ということですね。

 

 

読みにくく、一度読んだだけでは意味のわからない文章を読まされる読者は、
理解できず考えます。
「これ、意味がよくわからない…」となれば、途端にあなたのブログから
離れていってしまいます。

 

ブログは特に、読む人を選ぶ本と違い「ネット上で、誰もが読む可能性を
持っているツール」ですね。
だからこそ、小学生や中学生でもわかりやすい言葉で、簡単な文章を書くと
一度で理解してもらえ、感情を揺さぶることができます。

良い文章の書き方に精神状態が関係してくる理由

そして、良い文章を書くにはその時のあなたの「精神状態」が関係します。
要するに、あなたの「気分」や「機嫌」、「テンションの高さ」などのことです。

 

この精神状態が、なぜ文章を書く上で関係するのか、あなたは
お分かりでしょうか?

 

 

例えば文章に限らず、人間は「何をするにしても」その時の精神状態が
関係してきます。

 

嫌なことがあって、気分が悪い時に勉強を始めてもはかどらないどころか、
その「嫌なこと」ばかり考えてしまって、ムシャクシャしてくる。
もっとひどくなると、「こんな勉強、なんの役に立つんだ!」とイライラして
「勉強そのもの」が嫌になってくる。

 

こんな経験、あなたにもあるのではないでしょうか?

 

 

気分の良い時には、外から聞こえる近所のおばさんの声も気にならないけど、
ひとたび気分が悪くなると「うるさいなあ…」とイライラしてしまう。

 

人間は、自身の気分が優れない時には人や、物に当たりやすくなってしまいます。
やはり、嫌な思いをするとイライラして心に余裕がなくなり、
「自分のことで精いっぱい」になり他人を気遣える余裕がなくなるんですね。

 

 

それは、当然文章を書く時も同じです。
アフィリエイトで成功するには、まず「人の心を動かす文章スキル」を高める
ことが何より重要です。
→アフィリエイトを失敗しないために必要なスキル

 

 

読者は、あなたの文章に心を動かされたからこそ、あなたの商品を買ってくださり
あなたに「メッセージを送りたい!」と思ってくださいます。
つまり、人の心を文章で動かせないことにはいつまでたっても成功できません。

 

だからこそ、いつも良い精神状態をセットして、読者の心に寄り添い、
心を揺さぶる文章の書き方を意識して、一つ一つの記事に想いを込めて
書いていく必要があるんですね。

前向きでいられれば、自然と文章の質も上がってくる

あなたがブログで書く文章の質を最大限に高める方法は、
まず「自分の精神状態を、良い方向に保つ!」と意識することです。

 

文章に限らず、人間は「気分の良い時」に調子が上がり、「悪い時」には
どれだけ時間をかけても、一向に思い通りのものができない…
ということになりがちですよね。

 

そもそも、なぜそういった差が出てくるかあなたはご存じでしょうか?

 

 

それは、やはり「気分の良い時」には当然前向きな気持ちになるからです。
前向きになれば、嫌なことや余計なことは考えなくなりますよね。
すると、「今すべきこと」に一点集中して、最短で望む結果を出すことが
できるようになります。

 

 

一方で、「気分の悪い時」はどうでしょうか?
当然、後ろ向きになりネガティブなことばかり考えてしまうので、
普段浮かばない過去の嫌なこと、最近あった思い出したくないことが浮かんで
その考えは、あなたの「成功」の邪魔をします。

 

つまり、余計な意識が浮かぶので「最短で成功することができない」んですね。
だからこそ、「いくらやっても思うような結果が出せない…」となり、
「なかなか調子の良い時のように、うまくいかない…」となります。

 

 

こうなってしまっては、読者の「役に立つ記事を書く」ことも難しくなります。
気分の悪い時には人のことを気遣う余裕が持てず、感動しないつまらない文章に
なってしまうので、それも当然ですよね。

 

こうならないためにも、精神状態は意識して良く、前向きに保っておく
必要があることを、お分かりいただけたかと思います。

 

 

 

羊と牧羊犬

 

 

 

…とは言っても、やはり私たちは人間ですから「常に良い精神状態に」だなんて、
「そんな悟りを開いた神様みたいなこと、無理!」と思われるかもしれませんね?

 

実際に私も、やはり気分の良い時もあれば悪い時もあります。
「引きこもりでもニートでも、関係なく毎日楽しく前向きに過ごせる」と
気づいてからは、大部分で前向きにいられるようになりましたが、それでも
やはり人間ですから、気分の落ち込む時があって当然です。

 

 

そんな時に、少し注意しておきたいことがあります。

 

それは、「気分の悪くなることを、いつまでも考えない」ということ。
気分が悪い時、落ち込んだ時にそんな自分を責めて「前向きにならなきゃ…」と
思う必要など、どこにもありません。

 

 

いくら前向きに、と心掛けてはいても実際に気分の悪い時、後ろ向きな時も
あるのは、むしろとても心を持った人間らしいことです。

 

だからこそ、そんな自分の「状態」を「何とかしよう!」と焦るのでなく、
気分の悪い状態を認めた上で、「その気分をなるべく引きずらないようにする」。

 

つまり、一度嫌なことを考えて気分が悪くなっても、もうそれ以上は
そのことを考えるのをやめて、別の「気分が良くなりそうなこと」をする。

 

 

そうすることで、あなたの気分が「それ以上悪くなること」はなくなります。
「気分が悪くなる時間」を減らす、ということは結果的にあなたが
「常に前向きな精神状態でいること」に繋がります

 

前向きな時間が増えて、後ろ向きな時間が減るほど日々を「楽しく」
生きられますし、前向きな状態が長く続けばそれがいずれ「当たり前」になり、
大部分で「前向き」にいることもできるようになります。

 

 

常に前向きで、と考えるよりも、「後ろ向きになる時間を、できるだけ減らそう」
と考えたほうが、実行できそうな気がしてきませんか?

 

できることを少しずつ、一歩ずつでも進んでいければ必ず、あなたの望む
「働かずに自由に暮らせる未来」へとたどり着きます。
一緒に焦らずゆっくり、未来への着実な道を進んで行きましょう。

 

 

成功する人は、行動が早い人です。既に「アフィリエイトで成功する方法」を、
このブログで探す「行動」をしているあなたも、もちろんそのうちの一人ですね。

 

以下の記事も一度読んでおくと、仕組みづくりの参考になります。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。