生きるのがつらい原因は善悪の判断を下すことにあった?

生きていく上で、1日の中で色んなことがあります。

 

うまくいくこと、いかないこと。
想像通りにいくこと、予想の斜め上をいくこと。

 

 

私たちは、つい「起こった物事」に対して、
「善悪の判断」を下してしまいがちですね。

 

 

例えば、朝は7時起きの予定が寝坊して8時、
9時になれば、遅れてしまったことに「最悪だ」と思う。

 

 

趣味や特技、勉強もなかなか進まず時間がたつだけだと、
次第にイライラしたり、
そのせいで余計に集中できず「もう嫌だ」と思うことも、あります。

 

 

しかし、冷静になって考えると「うまくいかない(と思っている)こと」
で私たちが受ける損害が、一体どれほどのものか。

 

 

あなたは、考えたことがありますか?

 

うまくいかないせいで、取り返しのつかないことが果たして、
どれほど存在するでしょうか。

 

 

うまくいかない。…けど、「まあいいか」と思えれば、
今後生きるのも、すごく楽になれること。

 

知っていましたか。

 

 

・生きるのがつらいのは物事を「ただ起こった事」と判断できないから

・いいことも悪いことも「まあいいか、これも想定内」と思えると…
・まあいいかと受け入れると、必要以上に気になることもなくなる

生きるのがつらいのは物事を「ただ起こった事」と判断できないから

私たちは、日々色んなことを考え、
色んな思いをしながら誰もが、1日1日を懸命に生きています。

 

 

例えば、周囲には何も考えずに過ごしているように見えても、
その当人にしかわからない悩みを抱え、生きるのがつらい中
必死に生きている場合も、決して少なくはありません。

 

 

いざ話さないことには、「その人の感情、考え」などわからないからこそ。

 

心を持つ人間同士、考え方の違いや思い違いから、
ちょっとした言い争いや、ケンカになったりもしますよね。

 

 

そして、人それぞれ考え方や、人に対する見方が違う世の中。

 

起こった物事に「いい、悪い」と「善悪の判断」をつけているのも、
いつも私たち人間です。

 

 

考えてもみてください。

 

人によって個性があり、考え方も様々なのですから当然、
Aさんは起こった物事に対して「これはダメだ」と判断する一方、
Bさんは「この面は良かった」と、違う見方をする可能性もあるわけです。

 

 

 

広場のイス

 

 

 

つまり、同じ物事でも人によって「いい」「悪い」があるのですから、
「物事そのものに対して善悪の判断をしている」のは、
まぎれもなく私たち個人個人の、「考え方」ということになります。

 

 

起こった物事は、ただそこにあるだけです。

 

それでも、「いいことが起こった」と判断すれば喜び、
生きていく上でのバネにできるのですから、それも大いにありだと思います。

 

素直に、喜びの感情を表現できるのは、感性豊かな証拠です。

 

 

しかし、問題は「悪いことが起こった」と判断した場合です。

 

起こった物事に「悪い」と判断を下しているので、気分が悪くなりますよね。

 

「なんでこんな目に…」「こんなこと、起こらなければよかったのに」と、
どうしても損した気分になって、思考はどんどん濁ります。

 

 

一旦思考が濁ると、気分が一気に沈み、落ち込むもの。

 

下手をすれば、「起こった出来事」そのものより、
「悪いことが起こった」という考えのほうに気を取られ、
いつまでも落ち込む原因にもなってしまいます。

 

 

…つまり、物事を「悪いこと」だと判断したその時点で、
その物事は実際にあなたの頭の中で、
揺るぎない「悪いこと」になってしまうのですね。

 

だからこそ、「あんなこと起こらなければよかった」と思うし、
その物事を体験した自分を「かわいそう」とすら、思います。

 

そうして、次第にネガティブな考えに支配されて、
「何だか、疲れた」となり生きるのがつらい…と感じるわけです。

 

 

かつての私も、何度も行ってきたことでした。

 

「起こってしまったこと」はもう変えられないのは、
言われるまでもなくわかっている。

 

けど、ついつい「悪いこと」が起こると気分が悪くなり、
「もっといいことが起こればいいのに…」と、
ないものねだりしてしまったりなんかして。

 

 

一方で、物事に「善悪の判断をしない人」は思考が泥沼化せず、
「起こったこと」をそもそも悪としてとらえません。

 

なので、気分が悪くなることも、
落ち込んでくよくよすることもないのです。

 

一体、どういうことでしょうか?

いいことも悪いことも「まあいいか、これも想定内」と思えると…

起こった物事に「いいこと」「悪いこと」と善悪の判断をつけているのは、
私たち個人個人の考え方だと言いました。

 

 

大勢の人が、「いいこと」だと思うことも、
「それは全然いいことなんかじゃない!」…と、
そもそも「いいこと」だと思わない人もいるでしょう。

 

 

反対に、みんなが「悪いこと」だと判断しても。

 

底抜けに明るく、ポジティブなCさんの目から見たなら、
それは「死ぬほどのことじゃないし、むしろ『勉強になった』
という意味では、いいことだった」と思うかもしれません。

 

 

要するに、「いいこと」「悪いこと」という判断基準は人によって違うし、
その判断そのものが極めて曖昧で、はっきりしないものだということです。

 

 

だからこそ、「同じ物事」を経験しても「へっちゃらだ」
と思う人がいる一方で、
「もう、ダメかもしれない…」と、大きなダメージを受ける人もいるわけですね。

 

 

何も、一つの物事に「善悪の判断を下す」そのこと自体が悪い、
ということではありません。

 

その判断もまた、「善悪の判断」のうちに入ること、おわかりでしょうか。

 

 

善悪の判断をする、そのこと自体がいい、悪いということではなく、
「その判断を下した後に、どう感じるのか?」が、
その後の時間を過ごす上で、大きな影響を与えます。

 

要するに、こういうことです。

 

 

物事Aを、どんなことにせよ「大したことないし」と思えれば、
尾を引くことも、気持ちが落ち込むこともありません。

 

例えば、「メールの返信がこない!」とやきもきするよりも、
「まあいいか、きっと忙しいんだ」と受け流せれば、気にもなりませんね。

 

 

一方で、何かあるごとに「気にしてしまう」傾向にあれば、
やはり世の中、非常に生きづらいです。

 

感情が落ち着くのにも、時間がかかってしまいます。

 

 

そもそも、「悪いこと」だと判断を下したせいで、
その自分の判断そのものにショックを受けることもあります。

 

それなら最初から、「いいことも悪いこともない!」と割り切って、
ただ物事を「起こったこと」として受け入れられれば、

 

後々尾を引くこともなくなり、とても楽に生きられると思いませんか?

 

 

私はそう思ったので、なるべく「善悪の判断」をやめて、
何が起こっても「まあいいか、想定内だ」と思うようにしています。

 

そのお陰か、長らく「生きるのがつらい」と感じていたのが嘘のように、
以前に比べて生きるのが楽になりました。

 

 

…確かに、「どう考えても、『悪いこと』だとしか思えない!」
ということもあります。

 

私も、愛犬が亡くなった直後に「それは決して『悪いこと』じゃないよ」
…だなんて言われても、「うるさいな、今そんな風に思えるわけないじゃん!」
と、反発していたと思います。

 

悟ったように、そんなこと言われても。
気持ちがついてこなければ、反発するのもむしろ、当然ですよね。

 

 

ですが、今思うのは「その時は『悪いこと』ではないとは思えなくても、
いずれ時がたてば、必ず自分の『身になる』こともある」…ということ。

 

つまり、つらいことや悲しいことに『とらわれている』時には、
やはりどうしてもその『ネガティブ』から抜け出すのは、難しいです。

 

 

ですので、そんな時はまず「今は、つらいし悲しい。そう感じている」
とまず自分の感情を認める。

 

その上で、ある程度時がたってから「あの時はつらかったけど、
冷静に考えてみれば、勉強になったかも…」と、思い直してみる。

 

そこで初めて、「善悪の判断を下す必要はないんだ」と、
実感してみるのでも決して、遅くはありません。

 

 

人間は、やはり私を含めて「すぐに」結果を出したい、
と思う傾向にあります。

 

ですが、結果は何にしても「すぐに、目の前に」
現れてくれるものではありません。

 

 

だからこそ、焦らずゆっくり、自分のペースで腰を据えて。

 

「まあいいか」「何とかなる」と大きく構えると、
自然と動じない、大きな人間性が育まれるのだと思います。

まあいいかと受け入れると、必要以上に気になることもなくなる

「まあいいか」。

 

この言葉にあなたは、
果たしてどのようなイメージを持っているでしょうか?

 

 

まあいいか、だなんてえらく無責任で適当だな、
と思うかもしれませんし、
楽観的で過ぎたことを気にせずにいられそう、と思うかもしれませんね。

 

 

私は今でこそ、この「まあいいか」も気楽に生きられる考え方の一つだと、
そう思えるようになりました。

 

しかし、少し前までは
「何が『まあいいか』だよ、全然よくないよ!」と反発心を持っていました。

 

 

まあいいか、と思ったところで当然、
何か問題を抱えているなら、それが解決するわけではありません。

 

例えばの話、「宿題終わってない。まあいいか…」
なんて言われても、「いや、やろうよ」となりますよね。

 

 

しかし、これは逆の言い方もできます。

 

つまり、どういうことかおわかりですか?

 

 

「まあいいか」が問題解決に繋がらない一方で、
「全然よくないから、しっかり解決策を見つけよう!」
…といくら真剣に取り組んでも、結局解決しないことはよくあります。

 

 

 

赤い花

 

 

 

例えば、その場でいくら頭をひねって考えてもわからないこと、
答えの出ないことはあります。

 

 

「こんな風に言っちゃったけど、あの人どう思ったかな…」と気にしても、
人の心の中まではいくら考えても、正確な答えは出ませんよね?

 

いくら口で説明されても、実際やってみないとわからないこともありますし、
考えた通りのことを実行できず、思わぬ時間を取ることもあります。

 

頭では、「正しい記事の書き方」を理解していても。
実際に何度も書き出し、「アウトプットしなければ」身にはつきませんよね。

 

 

つまり、おわかりでしょうか。

 

「いくら考えをこねくり回してシミュレーションしても、
実際その通りにいくことは、ほぼ100%ない」
ということです。

 

 

だからこそ、何かが起こった時に「想定外だ!」…と慌てるよりも、
「まあいいか。大した問題じゃない」と気楽に構えてやり過ごしたほうが、
結果的に「余計な思考に邪魔されない」のです。

 

つまり、ストレスなく過ごせる時間が増えますよね。

 

 

物事に善悪の判断を下し、悪いことが起こった時に、
「こんなの予期してない!」とカリカリ怒って過ごすのか。

 

最初から善悪の判断をせずに、想定外のことがあっても「まあいいか」
「こういうこともあるよね」と気楽に流して、のほほんと過ごすのか。

 

 

果たして、どちらが今後あなたが成長する上でストレスを抱えず、
「起こったこと」に振り回されず楽しく生きていけるか。

 

そして、「生きるのがつらい…」と悩む時間を減らせるか。

 

ここまで読んでくださる、非常に思慮深く聡明なあなたなら、
もう言うまでもないでしょうか。

 

 

アフィリエイトに限らず、何をするにしても。
「起こったこと」に善悪の判断を下さず、「まあいいか、想定内」と受け流す。

 

これができると、1日のうちに「イライラして過ごす時間」が、
面白いように減ることを、私も大きく実感しました。

 

 

起こったことはもう、変えられない。
だったら、「最善策」は受け入れて、「次、どうすればいいか?」
を一つ一つ考えて、冷静に改善していく。

 

そのために、まず「想定外のことに、慌てない考え方」
を身につけられると、取り乱すこともなくなります。

 

 

その結果、「生きるのがつらい」と思い悩むことも、減る。

 

そして、更に私たちは今後飛躍的に成長していけるのだと、
そのように思います。

 

白黒はっきりつけなくても、時にはグレーも認めると、
すごく楽になりますよ。

 

 

今だけ、下記で楽に生きられるマインドもお伝えしています。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。